ATAMブログ

2022.10.25

グラフィックデザイナーとは?仕事の内容や流れ・就職について - オンラインイラスト教室|アタムアカデミー

今回は、グラフィックデザイナーのお仕事についてご紹介します。

そもそもグラフィックデザイナーとは?というお話から
1:CGデザイナーとの違い
2:お仕事内容・流れ
3:就職について
を深掘りしていきたいと思います。

グラフィックデザイナーはざっくり言いますと、
紙媒体のデザインをしたり、時にはディレクションをしてクライアントとのやり取り、
カメラマンなど協力者の手配、指示、全体の構成の調整など、非常にやりがいのあるお仕事です。

 

グラフィックデザイナーとCGデザイナーとの違いについて

まず、グラフィックデザイナーとCGデザイナーの違いについてです。

グラフィックデザインとは、紙媒体が中心のデザイナーです。
例えば、はがき、チラシ、冊子、装丁、ポスター、広告全般などなど…
紙で案件のデザインをする人をグラフィックデザイナーと言います。

一方でCGデザイナーは、コンピューター上の画像や動画などを駆使して、
キャラクター、アニメーション、映像などのデザインをする人のことを指します。

今では紙媒体がウェブチラシなどに置き換わっていたり、CGでの制作物を紙にしたりする必要もあるので、
2つの領域に限らず、ウェブデザイナーなど多くの領域を行き来する人もいます。

 

グラフィックデザイナーの仕事・流れについて

グラフィックデザイナーは、以前はクライアントから依頼されたものを
より綺麗に見せたり、効果的に作る職業でした。

現在は、デザインやデザイナーの価値が上がり、より幅が広くなりました。
実績が上がるにつれてディレクションやマネジメントも同時にできるお仕事です。

 

例えば、とある会社のロゴマークを作る場合、
クライアントの理念、今後の方向性などのヒアリングを詳細にします。
また、コミュニケーションを測ったり、どこにどう使用されるかを把握した上でプランを3つ程度出します。

 

 

この時、ロゴマークはあらゆる場所に使用されるため、
「大きく引き伸ばしたり、小さくなった時にも視認性があるか」
「今後も長く消費者に愛用される普遍性があるか」を想定して提案します。
同時に見積書、契約書などの提出もします。

 

また、カタログ制作の場合もクライアントの想い、売りたい商品をヒアリングします。
そして大まかな流れを確認し合いながらクライアントと、
以下の職業の担当者と内容を共有してお仕事をしていきます。

1冊のカタログで必要な職業としては、
ディレクター、デザイナー、カメラマン、コピーライター、イラストレーター、DTPデザイナーや、
文字校正者、印刷会社など、プロジェクトチームでお仕事を進めていきます。

 

 

グラフィックデザイナーの就職について

グラフィックデザイナーは、会社に所属する場合フリーランスや独立して仕事をする場合があります。

どちらにしても一旦会社に所属して、ノウハウを吸収してから独立するのをお勧めします。

デザイナーの場合は常識的、一般的なことをわかった前提で仕事が進んでいきます。
いきなり独立するよりも、会社や小さくてもいいのでデザイン事務所などで
少し経験を積んでから独り立ちするのが良いでしょう。

人脈づくり、コミュニケーションもデザインのうち、と学んでより良い社会づくりができるといいですね!

 

 

最後に

アタムアカデミーでは、デザインの思考を身につけるためにイラストの状況設定を必ずしています。

小さいうちから、闇雲になんとなく描くより、
何かを解決させるために描くこと、色を塗ることを学んでいきましょう!

 

アタムアカデミーは子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です。

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、講師として楽しくレッスンを行います。

アートにまつわる職業のプチ体験ができるような独自カリキュラムを使用しており、
「アートを通じて社会で生きるチカラを養う」お手伝いをいたします。
「イラストを描くのが好き」「将来イラストやアートにまつわる仕事がしたい」といった生徒さんが沢山参加されています。

 

↓↓まずはお気軽に無料体験レッスンへご参加ください♪お申し込みはこちらから

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
グラフィックデザイナーになるには?進路や勉強するべきこと 
DTPデザイナーになるには?進路や勉強するべきこと
イラストレーターになるには?進路や勉強するべきこと

 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP