ATAMブログ

2021.08.25

9月の授業:オリジナルのお店をデザインしよう!

一流の画家、イラストレーターではない限り、絵やイラストだけで作品が成立することは、ほとんどありません。

作品は単体ではなく、全体の調和の中で成立します。
例えば、美術館で展示されている作品のレプリカを、自分の家に飾っても少し違和感を感じませんか?
作品は周りの環境も含めて、ひとつのアートになるのです。

個々のパーツではなく、全体を俯瞰して表現するのが今月のテーマです。

9月のオンラインイラスト講座では、
「オリジナルのお店をデザインしよう!」をテーマに、子どもたちの「社会で生きるチカラ」を育てます。

《オリジナルのお店をデザインしよう!》

  • お店の建物をデザインしよう!
  • 看板、メニュー、制服をデザインしよう!
  • お店の人気商品をつくろう

今回の「オリジナルのお店をデザインしよう」の授業では、
子どもが描く題材はメニュー、制服、看板、建物と多岐に渡ります。
それぞれのパーツで授業を1つ作り上げることができるくらいのボリュームです。

ただ、今回のテーマは、「お店全体」で、メニュー、制服、看板、建物と、すべてを合わせて初めてひとつの作品です。
個々のパーツが主役級でも、あくまでお店全体の一部でしかありません。

今回のオンラインレッスンでは、ぜひ「調和」を考えてみてください。

4番バッターだけを揃えた野球チームが強いとは限らないのと同様、
メニュー、制服、看板にも「お店」の中での役割があります。
全体の中でのそれぞれの役割を意識しないと、調和が取れません。

お店全体をデザインしたとき、自分の好きなものを集めただけのお店になるのか、
ひとつのコンセプトに沿って(ときには妥協しながらも)全体として調和の取れたお店になるか。

子どもたちはどんなお店をデザインするのでしょうか。

オンライン講座で身に付くチカラ

「オリジナルのお店をデザインしよう!」のオンラインイラスト講座を通じて、
アタムアカデミーでは社会で生きるチカラを身につけて欲しいと考えています。

  • 自立心

    オリジナルのお店をデザインする課題において、自分で考えて、自分の力で最後までやり遂げ、満足感や達成感をもつようになります

  • 豊かな感性と表現

    生活の中で美しいものや心を動かす出来事に触れ、イメージを豊かにもちながら、楽しく表現するようになります。

  • 思考力の芽生え

    身近な物や用具などの特性や仕組みを生かしたり、いろいろな予想をしたりし、楽しみながら工夫してデザインするようになります。

自分のお店を持ってみたい、という思いは、大人でも持っているのではないでしょうか。

看板からメニューから、すべて自分でデザインできるのは楽しいですね。イラストであればそれが自由にできます。
自由な想像を表現できることに、イラストの無限の可能性があります。

今回の授業を通じてデザインされたお店が、
もしかしたら20年後に本当に実現するのではないかと、今からワクワクしています^^

デザインとアートの違いは?

アタムアカデミーの授業では、表面的なテーマと同時に、
もうひとつのテーマを持つようにカリキュラムを意識しています。

今回の裏テーマは、【デザインしよう】の部分です。

今回の授業は、「かわいいお店を描いてみよう」でも「好きなお店を描いてみよう」でもありません。
今回の題材は、あくまでも「自分のお店をデザインしよう」です。

デザインの目的はアートと違い課題解決です。課題解決のために、どういう表現がいいのかを考える必要があります。

課題を解決するためには、そもそもの問いの設定こそが一番大事です。
全国から集客する繁盛店を作りたいのか、地元のお客さんだけを相手にしたいのか、自分を表現するお店にしたいのか。

どんなお店を作りたいのか。この問いの設定こそが授業のキモです。

果たして、どんな問いを設定して、どんなお店を作るのでしょうか。

今月も子どもたちの成長が非常に楽しみです^^

今月の課題資料

こちらをダウンロードしてお使いください!

オリジナルのお店をデザインしよう!【初級】


ダウンロード


ダウンロード


ダウンロード


ダウンロード

 

オリジナルのお店をデザインしよう!【上級】


ダウンロード


ダウンロード


ダウンロード


ダウンロード

 

描き方チャレンジ  ポーズを描いてみよう


ダウンロード


ダウンロード


ダウンロード