ATAMブログ

2022.02.25

簡単にできる厚塗りの方法 - イラストアプリ sketchbook編

今日は、sketchbookでできる、厚塗り(あつぬり)の方法をおはなしするよ!

 

下準備(したじゅんび)-ラフをかこう!

 

まずは、絵のラフ(かんたんにかいた絵のしたがきのこと)をかいていこう!

ここまでは、ふつうのかきかたと同じだよ。
かきたい絵をかいてね!

 

線画(せんが)をかいてもいいけど、
今回おはなしするかきかたでは、まだきれいに、ととのえなくても大丈夫!

 

下塗り(したぬり)-カラーラフにしよう!

 

ラフができたら、その下にレイヤーをつくって、ざっくりと色をつけていこう!

レイヤーのわけかたは、自由だけど、「はだ、かみ」といったパーツごとか、
「しろ、くろ」といった色ごとにわけるのがおすすめだよ。

 

ここまでできたら、色がついたレイヤーに「透明度ロック(とうめいどろっく)」をかけておこう!
レイヤー左下のロック🔓マークをオンにしてね。

 

※ここで足したり引いたりして、絵のおおまかな色とデザインをきめよう。
ここでは、色のほかにアイテムを持たせてみたよ。

こうしてできた色がついたラフのことを、「カラーラフ」っていうんだ。

 

厚塗りステップ①-光と影をつけていこう!

 

カラーラフまでできたら、おおきめサイズにした「エアブラシ」をつかって
光と影(かげ)をすこしずつつけていこう。

ふんわりとでいいから、あかるいところ・くらいところに色をつけてみてね。

 

「でも、ふつうにぬるとはみだしちゃう…」

ここで活躍(かつやく)するのが、さっき設定した「透明度ロック(とうめいどろっく)」だよ!

 

鍵をオンにしてあるかな?
オンにすると、先にかいた絵からはみ出さずにぬることができるようになるんだ。

 

厚塗りステップ②-ととのえよう!

 

指で長押し(ながおし)すると、上の絵みたいに〇が表示(ひょうじ)されて
タッチしたばしょの色をとることができるよ。

〇の色が、今えらんでる色なんだ!
これを「色をひろう」とか、「スポイトする」っていうんだよ。

 

ひとつ前のステップでぬった色をひろいながら、上からどんどん絵をととのえていこう!

 

ととのえたら、完成!

 

きれいにととのえたら、完成だよ。

下塗り(したぬり)をすることで、線画(せんが)なしでも早くきれいな絵ができるようになるよ!
みんなも、ためしてみてね!

それじゃあ、またね~☆

この記事も読んでみてね
スポイト機能の使い方

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP