ATAMブログ

2022.03.09

【コートの描き方】フード・ファー・装飾を描いてみよう! - デジタルイラスト講座

今回の動画では冬服のコートの描き方を紹介していくよ。

コートには色々なデザインがあるから、
特徴をとらえてイラストのクオリティをアップさせてね♪

 

今回紹介するコートは、
モッズコート・ダウンコート・ダッフルコート

①モッズコートでは、フードとファーの描き方。
②ダウンコートでは、体にそった装飾の描き方。
③ダッフルコートでは、この2つの組み合わせ。

を紹介していくよ。

 

①モッズコート

モッズコートといえば、暖かそうなフードとファーだよね。
まずフードを描いてから、それに合わせてファーを描き足すよ。

 

フードは首のまわりに、輪っかを巻くように下絵を描くと上手くかけるよ。
首の手前は細い輪、奥は太い輪をイメージしてね。

 

首に隠れて見えない部分も、左右で繋がるようにしよう。

 

線がかけたら、色を塗ってね。
次は、フードにファーを付け加えていくよ。

 


ファーは、フードを描いたレイヤーの上に新しくレイヤーを作って描こう。

細かいもこもこから描かき始めると難しいけど、
ファーの位置に楕円で下絵を描いてから、もこもこを描き込むと簡単だよ。

 

もこもこの大きさや・形でイメージが変わるから、作品に合わせて変えてみてね。

 

②ダウンコート

ダウンコートといえば、ふかふかの綿が入っていることが特徴だね。

 

キルティングのデザインは、身体に対して横向きになっているよ。

 

まずは体の中心を見つけよう。
お手本ではキャラクターが左を向いているので、中心も左側にあるよ。
首の下からやや左寄りに、中心線を描いてみよう。

 

中心線に対して、横向きの線を引くとキルティングが描けるよ。
横線の幅に注意して描いてね。中心線に被る部分は、後から消しゴムで消そう。

 

線と線の間を柔らかい曲線で繋いでいくと、ふかふかのコートの完成だね。

 

③ダッフルコート

ダッフルコートは胸の前のボタンが、おしゃれのポイントだよね。
さっき紹介した「フードの描き方と身体にそった装飾の描き方」を使って描いていこう。

 

まずはフード、首の周りの輪っかをイメージしてかけたかな?

 

次に中心線を描いて、ボタンを描きたい位置に横線を描いていこう。

 

ボタンを描くときは、新しいレイヤーをつくって描いてみよう。
同じボタンを複数描くときは、コピーツールを使ってボタンを増やすこともおすすめだよ。

 

ボタンに合わせてループを描いたら、完成だよ♪

 

コートには、紹介した3つ以外にもデザインがあるから、
自分が持ってるコートを観察したり、描きたいコートの種類を調べてみてね♪

今回はこれでおしまい。
次回も、冬服の描き方を紹介していくよ!

それじゃまたねー!

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP