ATAMブログ

2022.04.12

解像度(dpi)とは何か - イラストアプリ ibispaint編

今回は、解像度(かいぞうど)についておはなしするよ!

 

かいぞうどはマス目

みんなは『かいぞうど』ということばをきいたことがあるかな?

かいぞうどは、かんたんにいうと四角(しかく)の中に、どれくらいマス目があるかなんだ。
マス目があればあるほど、きれいに見えるんだよ。

 

 

かいぞうどの単位(たんい)

かいぞうどの単位は、えいごでdpi(ディーピーアイ)というよ。
入ってるマス目をかずでしることができるんだ。

しゃしんやパソコンの絵・いんさつされたものも、かいぞうどがかんけいしてるよ。

 

たとえばこのイラスト、今はかいぞうどがたかいから、きれいだね

 

まえがみをかくだいすると、こんなかんじ! なめらかだね。

このイラストのかいぞうどは、200dpiだよ(200ディーピーアイ)。
200という数は、1インチ(2.54cm)の中に、マス目が200個入っている、ということなんだ。

すごいたくさんはいっているね!

 

こんどは、かいぞうどを72dpi(72ディーピーアイ)にさげて低くしてみたよ。

同じイラストなのに、かくだいすると、
こんなにぼやけて、なんだか線がガタガタになるね。

 

かいぞうどの高いと低い

かいぞうどが低いとガタガタにはなるけど、画像(がぞう)のおもさは、かるくなるんだ。

インターネットの中のしゃしんやイラストは、72dpiくらいのものが多いよ。
印刷するポスターやしゃしんはきれいに出したいから、もっと高くて350dpiがきほんなんだ。

 

だから、イラストを描くときに、さいしょになにをしたいか先にきめて描くのがだいじ

低いかいぞうどのイラストをあとから高くすると、
ぼやけて見えたりするのでちゅういしてね。

 

よりきれいにプリントしたいよね。
みんな『かいぞうど』にきをつけて描いてみようね。

じゃあね〜☆
 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP