ATAMブログ

2022.05.06

効果的にツールを使った自然物(火)の描き方 - イラストアプリ ibispaint編

今回は、こうかてきにツールをつかった火の描きかたについておはなしするよ。

 

上の2つの火のイラストをくらべてみよう。
左はブラシツールのみで描かれていて、右はいろいろなツールをつかって描かれているよ。

ibispaintには、絵の描きかたの幅(はば)がひろがるツールがたくさんあるんだ。
今回はそんなべんりなツールをこうかてきにつかった、火の描きかたをせつめいしていくよ。

 

おすすめのツール

今回は、次の3つのツールをつかってかくよ。

・ブラシツール – Gペン(ハード)
ぼかしツール
・レイヤー – 加算・発光(かさん・はっこう)

 

描いてみよう!

 

今回おてほんでは、Gペン(ハード)をつかって、赤いろでかくよ。

 

まずは火のかたちをかこう。

 

火のかたちが描けたら、
ぼかしツールをつかって、まわりをすこしぼかしてね。

 

つぎは火のまん中のあかるい光を描くよ。
べつのレイヤーに描いていくよ。

 

レイヤーのせってい画面(がめん)をひらいたら、
左にある「+(プラス)」マークをおして、あたらしいレイヤーをつくろう。

 

赤いろの火をかいたときとおなじように、
Gペン(ハード)をつかって火のかたちをかいて、まわりをぼかしツールでぼかすよ。

クリームいろ、うすいきいろでかくのがおすすめ!

 

つぎは、きいろの火をかいたレイヤーを選択(せんたく)して、
ブレンドモードで「普通(ふつう)」から「加算・発光(かさん・はっこう)」にしよう。

 

まん中の光があかるく見えるようになったね!

 

さらにあたらしいレイヤーをかさねて、いちばんあかるい光をかこう。

ブレンドモードを「加算・発光(かさん・はっこう)」にして、
さっきとおなじクリームいろ(うすいきいろ)でかくよ。

おなじ色でも、ブレンドモードをつかうと、
色がかわって、まん中の光はさらにあかるい色になるんだ。

 

あかるく光る火が描けたかな?
ツールをつかって、いろいろな表現(ひょうげん)ができるようになるとたのしいよね。

それじゃあ、またね~☆
 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP