ATAMブログ

2022.06.01

効果的にツールを使ったキラキラエフェクトの描き方 - イラストアプリ ibispaint編

今回は、ibispaintで効果的(こうかてき)にツールをつかったキラキラエフェクトのかき方についてせつめいするよ。

 

キラキラをつくってみよう

 

キラキラエフェクトは、キラキラなブラシをつかって描いてもいいし
イラストのいちばん下のように、自分でエアブラシなどで描いてもいいよ。

 

キラキラをつかってしあげをしてみよう

 

ためしにこのイラストにキラキラエフェクトをたしてみよう!

 

こんかいぼくはじぶんでかいたキラキラをつかってみるよ。

じぶんでかいたエフェクトをつかうばあいは、
上の写真(しゃしん)のように、レイヤーのブレンドモードを加算・発光にかえてね。

 

フィルターをつかっていくよ。

 

アートのタブからブルームをえらんでみよう!
バーをうごかして、光のつよさをかえてみてね。

 

こんなかんじにできたよ!
キラキラしながら、チョウチョウがとんでいるようすがきれいだね。

 

キラキラエフェクトをつかった例

 

エフェクトや、ブルームの機能(きのう)をつかって、目をキラキラさせたりするのもたのしいよ!
みんなもいろいろなブラシのかたちでためしてみてね!

それじゃあ、またね~☆
 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP