ATAMブログ

2022.07.23

シャボン玉の色(構造色)の塗り方 - イラストアプリ ibispaint編

今回はibispaintをつかって、シャボン玉をかいていくよ!

 

形をかこう

 

まずは「円定規」ツールをえらんでね。
背景(はいけい)の上のレイヤーに、白色のまるをすきな大きさでかこう!

 

円(えん)の中はぬりつぶしておいてね!

 

つぎに、消しゴムツールの中から「エアブラシ(標準)」をえらんでね。

 

円のまんなかをまるく消していくよ。
このとき、消しゴムのサイズを大きめにしておくと、ふわっとしぜんに消しやすいよ。

 

色をぬろう

 

シャボン玉の色をぬっていくよ。
さっきかいた円の上に、もう1まいレイヤーをふやそう!

 

シャボン玉のうすい”まく”は、太陽の光をいろんな色に反射(はんしゃ)しているよ。
あざやかな色をつかって、はじめにかいた円をおおうように色をのせてね!

 

「指先ツール」をつかって色をまぜていくよ。

ペンの先をくるくるまわすようにうごかしてね!
あまりまぜすぎると、色がにごってしまうからちゅういしよう。

 

色をまぜおわったら、レイヤーメニューをひらいてね。
色をぬったレイヤーを「クリッピング」しよう!

 

しあげをしよう

 

上のレイヤーに、エアブラシで太陽の光をかくよ。
ブレンドモードを「加算・発光」にしてクリッピングすると、ツヤが出てよりシャボン玉らしくなるよ!

 

じゃーん、シャボン玉のかんせいだよ!

 

みんなもぜひ、かいてみてね☆

 

この記事も読んでみてね
ブレンドモードで影と光の付け方 ibispaint編

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP