ATAMブログ

2022.09.16

【アイビスペイント】フィルター機能の使い方┋簡単に文字を装飾する方法

今回はアイビスペイントのフィルター機能(きのう)の使い方を説明するよ!

フィルター機能は、色を変えたりぼかしたりするときや、
とくに完成前の仕上げに使われるべんりな機能だよ✨

もくじ

フィルター機能の使い方▼

フィルター機能を使って文字を装飾(そうしょく)しよう!▼

 

フィルター機能の使い方

フィルターの機能を使うときは「FX」というボタンをおしてみよう。

 

ボタンをおしたら、下にフィルターの機能が出てくるよ。

たくさんの表現ができるから、イラストを描いたら色々ためしてみてね。

 

色の変え方

色をぬったあとで、ちがう色に変えたいと思ったときは、
色調整」という機能を使ってみよう!

「色調整」の中の「色相(しきそう)・彩度(さいど)・明度(めいど)」をえらぶと、
左下に3つのカーソルが出てくるよ。

これを変えることで、いろんな色に変えることができるんだ。

 

カーソルがすべて「0」だともともとの色合い。

左右に動かすことで色が変わっていくよ。

 

1番上の「色相」を変えると、色みが変わっていくよ。

赤や青、黄色など別の色に変えたいときは、ここを動かそう!

 

真ん中の「彩度」を動かすと、色のあざやかさが変わるよ。

左に行くほど灰色や黒など色みがなくなって、
右に行くほど赤や緑(みどり)などはっきりした色になるよ。

 

一番下の「明度」だと、色の明るさが変わるよ。

上の画像の鳥を見てみて!
左に行くほど深緑(ふかみどり)など暗い色に、
右に行くほどうすい緑、明るい色になるよ。

 

そのほかの効果

色調整のとなりにある「ぼかし」の機能は、
ものがぶれるところを描くときや、
遠近感(えんきんかん)を出してイラストをより迫力あるものに仕上げてくれるよ。

右に行くほどぼかし具合を調節できるから、描きたいものに合わせて使えてべんりだよ。

 

 

 

ほかにもたくさんの効果を出すフィルターがあるよ!

色々ためして、イラストを描くはばを広げちゃおう♪

 

フィルター機能を使って文字を装飾(そうしょく)しよう!

フィルター機能は、文字にも使えるよ!
ここからは、文字を装飾(そうしょく=かざること)する方法をしょうかいするね。

 

文字を入れる

まずは文字を入れていこう。

せっかくだから「ATAM Academy」と入れたよ。
この文字を使っていろいろ変えていくね。

 

FX」のボタンをおしたら、
まずは1ばん下のこうもくをえらんでいくよ。

つぎに、その上のこうもくをえらぶと文字が変わるよ。

1ばん下のこうもくの1ばん左にある、
すべて”からもえらべるよ。

 

色を変える

フィルター➡︎「色調整」➡︎「色相・彩度・明度」のボタンをおすと
色と明るさ、あざやかさが一気にかわるよ。

 

ぼかし機能

ズームぼかしで、そとがわに広がったように見えるね。

 

ぼかし機能のモザイク

モザイクをかけてドット絵(レゴブロックみたいな四角いパーツの組み合わせ)
になるよ。

 

ぼかし機能のアンシャープマスク

文字をくっきり見せるよ。

 

シャドウ(カゲ)

「スタイル」➡︎「ドロップシャドウ」で文字にカゲがつくよ。

 

グラデーション

文字の背景(はいけい)にグラデーションがつけられるよ。

 

それぞれの色のいどう

「アート」➡︎「色収差(ズーム)」で、色をずらすことができるよ。

 

文字をつぶつぶに

「ピクセレート」➡︎「ドット」で、文字をドット(丸)で描けるよ。

 

文字をへんけい

「変形」➡︎ 「魚眼レンズ」で、文字をウネウネできるよ。

 

などなど、文字にもフィルター機能を使えばいろーんなひょうげんや形にできるので
遊びながら使ってみてね!

それじゃあ、またね〜!

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
文字入れツールの使い方 - イラストアプリ ibispaint編 
シャボン玉の色(構造色)の塗り方 - イラストアプリ ibispaint編
【徹底解説】レイヤーの基本と使い方〜複製(コピー)・統合 - イラストアプリ ibispaint編

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスン受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP