ATAMブログ

2022.12.17

もこもこの生地(きじ)を描く方法 – イラストアプリ sketchbook編

今日はスケッチブックで、もこもこの生地を描く方法をおしえていくね!

 

使うツール

・えんぴつブラシ

・レイヤーブレンドモード:重ね合わせ

・レイヤーブレンドモード:スクリーン

・迷彩(めいさい)ブラシ

 

生地(きじ)をかいていこう!

まずは生地をかいてみよう!

もこもこの生地だから、
線はやわらかいイメージのえんぴつで描いてみたよ!

 

生地(きじ)の色をぬろう!

やわらかくてかわいいイメージのピンク色で色をぬってみたよ!

えんぴつツールはぬりつぶしツールだけじゃ、しっかりぬれないことがあるんだ。

線の下までしっかり色をぬろう!

 

もこもこにしていこう!

つぎは生地をもこもこにしていくよ!

みんなはsketchbookにたくさんのブラシがあるのは知っているかな?

 

ブラシをえらぶばしょのいちばん上にあるところをおすと……

 

たくさんのブラシが出てくるよ!

今日はこの迷彩(めいさい)ブラシを使って、
生地をもこもこにしていこう!

 

レイヤーブレンドモードの「重ね合わせ」でもこもこにしてみたよ!

これだと少しイメージが暗くなってしまうから、
あたらしいレイヤーでブレンドモードを「スクリーン」にして、
もこもこの明るいところをかいてみよう!

 

これでイメージが明るくなったね!

 

影(かげ)をつけよう!

もこもこにはなったけど、これだけだと生地の立体感(りったいかん)がないね。

この上にさらにブレンドモード「重ね合わせ」のレイヤーをふやして、
生地にカゲをつけていこう!

 

これで立体的(りったいてき)な生地になったね!

布の下にもカゲをつけると、さらに立体的になるよ!

 

どうかな?これでもこもこの生地のかんせいだよ!

みんなもいろんなブラシを使っていろいろなものを描いてみよう!

 

それじゃあ、またね〜☆

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
ブレンドモードで影と光の付け方 - イラストアプリ sketchbook編 
影の色の選び方 - イラストアプリ sketchbook編
ブラシライブラリとツールバーのせいとん - イラストアプリ sketchbook編

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスン受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP