ATAMブログ

2023.02.25

【獣耳の描き方】猫・犬・ウサギの耳を描くコツ!

こんにちは!アタムアカデミーです。

今回は猫・犬・うさぎ、
3種類のケモミミの描き方を学んでいくよ。

それじゃあやってこう!

 

もくじ 

ネコ耳の描き方▼

イヌ耳の描き方▼

ウサ耳の描き方▼

【応用編】感情を表現してみよう!▼

 

ネコ耳の描き方

正面から見たこの形はみんなも知っているよね。
それじゃあ、横やナナメから見たらどんな形かな?

 

猫の耳はいちごを縦(たて)に切った形と考えよう。
切ったイチゴは、いろんな角度から見るとこんな形になるよ。

 

猫の耳は内側の部分はへこんでいるから、
さらに中がくり抜かれたいちごを想像すると、よりわかりやすいね。

 

ネコミミをいろんな角度で描くとこんな感じだよ!
マネして描いてみてね。

 

イヌ耳の描き方

犬の耳は、猫と違ってたくさんの形があるね。
今回はこの2種類の耳の描き方を学んでみよう。

 

まずは、柴犬のようなピーンと立った耳

形はさっきの猫の描き方といっしょで、いちごを縦(たて)に切った形だよ。
ほとんどいっしょだね。

 

しっかりと違いをつけたいときは、
猫は薄くて長い毛を描いて、
犬は短くてふわふわの毛を描いてあげるといいよ。

 

つぎは、レトリバーやトイプードルのようなたれ耳

いろんな角度で描いてあげるとこんな感じ。
たれ耳はふんわりと、下に広がるような形で描いてあげるといいよ。

コツは耳のつけ根のところをちょっとだけ段差をつけること
こうすることでケモミミ感が強くなってかわいくなるよ。

 

ウサ耳の描き方

うさ耳の描き方をやってこう。

まずは猫のときと同じように切ったいちごをイメージするんだけど、
変える部分が2つあるよ。

 

1つはもちろん長さ
うさぎは長い耳が特徴だよね。

 

2つ目は根元の形
猫や犬は広がったまま頭につくけど、
うさぎは根元の近くがキュッとせまくなっているんだ

 

3つの角度で描くとこんな感じ。
マネして描いてみてね♪

最後は応用編として、耳でキャラクターの感情を表現する方法も見てみよう。

 

【応用編】感情を表現してみよう!

ふだん動物たちの耳は少しだけ外側を向いているよね。
それはリラックスして落ち着いているときだよ。

 

たとえば物音が気になったりよく声を聞きたいとき
こんな風に音にむかって耳を向かせるよ。

特にピンっと立たせているのは、集中して音を聞きたいときです。
緊張(きんちょう)したり、おどろいている気持ちの場合もあります

 

逆に耳を下げているときの気持ちは2つあります。

怖がっていたり弱気になっているときと、
甘えたり眠たかったりなど、最大限にリラックスしているときです。

耳と表情をどっちも使って、表現を分けてみましょう。

身の回りの動物の動きをよく観察して、お絵描きに生かしてみてね。

それじゃあ、またね〜!

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
【初心者向け】厚塗りのやり方!徹底解説【ibispaint編】
【目の描き方】目の構造をマスターして、キャラデザに役立てよう!
【髪の描き方】髪の構造をマスターして、キャラデザに役立てよう!

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験実施中!お申し込みはこちら


 

 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP