ATAMブログ

2021.08.17

基本の手の描き方!

初心者でもカンタン!基本の手の描き方!

今回はイラストを描くときに難しい!

と感じやすい、「手」を描く時のコツを紹介するよ!

無料お絵かきアプリの「スケッチブック」を使っていくから、

ダウンロードして一緒に描いてみよう。

まず、スケッチブックをひらこう。

「新しいスケッチ」を選択してサイズをえらぼう

紙の大きさは自由にえらんでね。

作成ボタンを押したら準備完了!

まずは「パー」のポーズの手から描いていくよ。

手の形をいきなり取るのは難しいから、まずは「アタリ」を描いていこう。

好きなペンを選んで、太さを大きめに設定したら、手首の形から描いていこう。

手首から少しつぶれた台形の形を描いていくよ。

親指だけ他の指とは違う方向を向いているから

自分の手を見て確認してみよう。

人差し指から小指までは、まとめて描いてしまおう。

その後に指を描くと形がとりやすいよ。

関節を描くときは、中指の角度が一番高くなるように

線を引いていこう。こうすると手が自然に見えるよ。

今回は、指と手のひらと手首を色で分けて

パーツの違いを分かりやすくしてみたよ。

実際に描くときは、色分けしなくても大丈夫。

「手は大まかに分けて3つのパーツに分かれている」

ということだけ覚えておくとバランスが取りやすくなるよ。

次はペン入れをしていくよ。

新しいレイヤーを1枚出してね。

今回は「万年筆」を使って描いていくよ。

アタリで取った線を参考にしながら描いていくよ。

指の「はら」の部分は丸みをつけて描いていくと

手のやわらかさを表現できるから、注目してみてね。

手首の部分や関節のシワを描いてリアルにしてみよう。

 

次は「グー」を描いていくよ

基本的なアタリの取り方は「パー」の時と同じだよ。

手首を描いてから、手のひらの形を描いて、

指を親指から描いていくよ。

指の形は大まかに取ってから、

一本ずつに分割していこう。

 

色を分けて分かりやすくしてみたよ。

ペン入れをするときは、新しいレイヤーを

一枚追加して上から描いていこう。

握り拳は、手に力が入っているポーズだから、

手のひらにたくさんシワが集中するよ。

親指だけ横に指が曲がっているよ。

親指と他の指は曲がる方向が違うから気をつけてね。

人差し指から小指は、

最初は関節の部分をつなげて描いてしまおう。

ある程度省略しても「グー」の形に見えるから大丈夫!

今度は「チョキ」のポーズを描いていくよ。

まずは「グー」っぽい形を描いていこう

そこから、大まかに形を取ってから

人差し指と中指を生やしてみよう。

中指に少し角度をつけるとカッコよく見えるよ。

試してみてね!

「チョキ」は少し複雑な形に感じるかもしれないけど、

「グー」と「パー」に分解しながら描いてみるとカンタンに描けるよ。

 

色を分けて分かりやすくしてみたよ。

ペン入れをする時は、影になる部分を少し太めに

線をかさねるとメリハリが出るよ。

 

指からチラッと見える爪のウラがわを描くと

グッと絵の魅力がアップするから、チャレンジしてみてね。

基本の形の取り方がわかると複雑なポーズもどんどん描けるようになってくるよ!

最初は考えすぎず、アタリを大まかにゆったり描いてみるのがオススメだよ。

 

それじゃあ、またね〜!!