ATAMブログ

2021.08.25

【sketchbook】イラストを保存・転送する方法!&背景を透明にする方法☆

今回は、スケッチブックでイラストを保存(ほぞん)・転送(てんそう)する方法について、
くわしくせつめいするね!

LINEスタンプを作るときにべんりな、イラストの背景を透明(とうめい)にする方法も、
これを読めばバッチリだよ〜✨

 

もくじ 

イラストを保存(ほぞん)しよう!▼

イラストの背景を透明にして保存(ほぞん)しよう!▼

イラストを転送(てんそう)しよう!▼

 

イラストを保存(ほぞん)しよう!

イラストを描くのをとちゅうでやめたいとき、あとでまた描きたいなぁと思ったときは、
①「ギャラリー」にデータを一時保存するとべんりだよ。

イラストが完成したら、
②タブレットの「写真」アプリにデータを画像として保存する方法がおすすめだよ。

 

それじゃあ、2つとも見ていこう!

 

①「ギャラリー」にイラストを保存する

まず、スケッチブックをひらいて、イラストを描いていくよ。

下の真ん中の「+」ボタンを押そう。

 

「新しいスケッチ」を選択してサイズを選ぼう。

今回は1080×1080サイズにしたよ。

「作成」ボタンを押したら準備完了!

 

好きなイラストを描いてね。

 

今回は、ほしのマークを描いてみたよ。

さっそく「ギャラリー」にイラストを保存してみよう。

 

上のツールバーにある、いちばん左のボタンを選択してね。

こんなふうに四角いマークが出てきたら、「ギャラリー」または「保存」を選択しよう。

 

「ギャラリー」や「保存」を選択したら、「ギャラリーに保存」を選択しよう!

 

これでイラストを保存することが出来たよ!

もう一度このイラストを選択すれば、いつでも描きくわえることができるよ。

 

②「写真」アプリにイラストを画像として保存する

次に、写真に保存する方法を説明するよ。

この方法は、イラストが完成したときにオススメだよ。

 

イラストを描いたら、上のツールバーにある、いちばん左のボタンを選択してね。

そうしたら、左下の「共有」をおしてみよう。

ここで「書き出す」という表示が出てきたら、
いちばん上の「画像ファイル(PNG)」をおして
ね。

 

こんなふうに表示されたかな?

ここでは、描いたイラストを写真に保存したり、メールで送ったりできるんだよ。

今回は写真に保存したいから、「画像を保存」を選択しよう。

 

「画像を保存」を選択したら、sketchbookを閉じて、写真のアプリを開いてみよう。

 

sketchbookで描いたものが、写真のアプリに入っているね。

これでイラストを写真に保存することが出来たよ!

みんなもイラストを描いたら、わすれずに保存しよう。

 

イラストの背景を透明にして保存(ほぞん)しよう!

ここからは、背景なしでキャラクターだけのイラストにしたい…
そういうときにべんりな背景の透明化(とうめいか)について、せつめいするよ!

 

レイヤーの下の赤丸、目のマークをタッチしよう。

すると、さっきまで白色だったぶぶんの色が変わったよ。

目のマークにはナナメの線がついているね。

これで背景の「透明化」ができたよ。

 

ただ、白色だった猫も「透明化」しちゃった。

透明化するときは、白を塗りわすれないようにしよう!

 

塗りわすれがなくなったら、ギャラリーに保存しよう。

 

ギャラリーでも背景は透明になっているので、いつもと見え方がちがうよ。

 

LINEスタンプを作るなら、背景の「透明化」はとっても大事なんだ!

 

背景の「透明化」、ぜひ一度やってみてね!

 

イラストを転送(てんそう)しよう!

最後に、描いた絵を描いた絵をLINEやメールで送る方法をしょうかいするよ。

アタムアカデミーでも、みんなが描いた絵はLINEやメールで送ってもらっているんだ。

カンタンにできるから、やりかたがわからない人はぜひ見てね♪

 

これから、この絵をLINEに送ってみるよ。

 

まず、上のツールバーの、いちばん左のマークを選択しよう。

 

そうすると、こんな表示が出てくるね。

赤いやじるしで示した「保存」のマークを押してみよう。

 

こんな表示が出てきたら、いちばん下の「共有」を選んでね。

 

これは、保存の方法が書いてあるよ。

画像ファイル(PNG)」は、この絵を画像として送る方法だよ。

sketchbook(TIFF)」は、この絵をsketchbookのデータとして送る方法だよ。
送ったあとの絵を描き変えたいときは、こっちがこっちがおすすめだよ。

今回は「画像ファイル(PNG)」で送ってみるよ。

 

「画像ファイル(PNG)」を押したら、こんな表示が出てきたね。

赤いやじるしの場所には、送ることができるアプリが表示されているよ。

今回はLINEに送りたいけど、今は表示されていないね。

そんなときは、右にスクロールしてみよう。

 

LINEがあったね!

 

LINEを選ぶと、赤いやじるしで示した場所に、送りたい人の連絡先が出てくるよ。

もし、ここになかったら、右がわの「もっと見る」をおしてみてね。

 

送りたい連絡先を選んだら、右がわの「転送」を選択しよう。

これで、この絵をほかの場所に送ることができたよ!

みんなも、描いた絵をほかの場所に送りたいときは、このやり方をためしてみてね。

 

アタムアカデミーのオンラインクラスでは、先生にツールの使いかたもきけるよ!

無料体験レッスンもあるから、ぜひさんかしてみてね♪

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
【徹底解説】レイヤーの基本と使い方〜複製(コピー)・統合 - イラストアプリ sketchbook編 
【sketchbook 徹底解説】塗りつぶしツールとグラデーションツールの使い方
作った色をパレットに保存する方法 - イラストアプリ sketchbook編

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスンへ受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP