ATAMブログ

2021.09.08

スクリーンの使い方 sketchbook編

Sketchbookアプリのレイヤーの「スクリーン」モードをつかっているかな?

「スクリーン」は、下の色と、上にのせた色を、「まぜて色を明るくする」レイヤーだよ。

かならず「下の色より明るい色になる」から、

「光をひょうげん」をする時に、とってもぴったりなレイヤーモードなんだ。

キャラクターの目の中のハイライトや、光が当たって光っているところ、

ガラスなどのつるつるしたものをかくときに、とってもおすすめだから、

一緒にやってみよう。

「スクリーン」を使って、この絵に光をいれてみるよ。

どうかな?

キャラクターの表情がいきいきとして、コップやものも立体てきになったね!

それじゃあ、やりかたをせつめいするよ。

①まずは右のレイヤーの+ボタンから、レイヤーを1枚ふやしてね。

②ふやしたレイヤーをタッチすると、レイヤーせっていがでてくるから、

「ブレンド」を選択してね。

③「ブレンド」を選択すると、「ブレンドモード」が出てくるよ。ブレンドモードが出たら、「スクリーン」をえらんでね。

できたかな?

レイヤーの「不透明度」をかえると、明るさをかえることができるよ。

まちがってぬってしまったときでも、下にかいた絵を消さなくても、何度でも光の色をかえられるよ。

スクリーンを使って、イラストを描いてみてね!

それじゃあ、またね!