ATAMブログ

2021.10.10

フィルター機能の使い方 ibispaint編

今回はフィルター機能(きのう)の使い方を説明するよ!

フィルター機能は色を変えたりぼかしたりする時に特(とく)に完成前の仕上げに便利(べんり)な機能だよ。

 

フィルター機能について

 

フィルターの機能を使うときは「FX」というボタンを押してみよう。

ボタンを押したら、下にフィルターの機能が出てくるよ。
たくさん効果ができるから、イラストを描いたら色々ためしてみてね。

色の変え方

色をぬったあとで、違う色に変えたいと思った時は色調整という機能を使ってみよう!

その中で「色相(しきそう)・彩度(さいど)・明度(めいど)」を使うのがオススメだよ。

「色相・彩度・明度」を選んだら、左下に三つのカーソルが出てくるよ。

これを変えることでいろんな色に変えることができるんだ。

カーソルがすべて「0」だと元々の色合いで、左右に動かすことで色が変わっていくよ。

一番上の「色相」を変えると色みが変わっていくよ、赤や青、黄色など別の色に変えたい時は、ここを動かそう!

真ん中の「彩度」を動かすと、色のあざやかさが変わるよ。左に行くほど灰色や黒、など色みがなくなって、右に行くほど赤、緑などはっきりした色になるよ。

一番下の「明度」だと、色の明るさが変わるよ。上の画像の鳥だと左に行くほど深緑など暗い色に、右に行くほど薄い緑に明るい色になるよ。

そのほかの効果

色調整のとなりにある機能「ぼかし」の機能はもののぶれるところを描くときや、遠近感を出してイラストをより迫力あるものに仕上げてくれるよ。
右に行くほどぼかし具合を調節できるから、描きたいものに合わせて使えて便利だよ。

他にもたくさんの効果を出すフィルターがあるよ!
色々ためして、イラストの描くはばを広げちゃおう♪

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP