ATAMブログ

2021.10.04

【初心者~イラスト基礎講座】身近な動物の絵を描こう【猫の顔編】

【初心者~イラスト基礎講座】身近な動物の絵を描こう【猫の顔編】


前回に引き続き、身近な動物の描き方を解説するよ。
今回は「猫」の顔を一緒に描いていこう!
猫はちょっと複雑だから、「顔」と「体」をわけて動画にしているよ。
からだの描き方は次回をおたのしみに!
無料のお絵かきアプリ
「Sketchbook」を使って描いていくよ。


まずは正面から見た絵を描いて、猫の顔のパーツを覚えていこう!


正面の顔が左右対称に描けない…というときは、「対称Y」のツールが便利だよ。
対称ツールについて、ブログでも詳しく説明しているから、読んでみてね。
さっそくアタリをかくよ~!
横長の丸を描いて、この丸に、真ん中がわかるように十字線を描くよ。


横に、3等分になる線をひこう。


縦に、4等分になる線をひこう。だいたいでいいよ。


目、鼻、口の場所をきめるよ。
まずは横に3等分した、一番下の中央に収まるくらいのまるを描こう。


中央の十字線と、黄色い線が交わる中心にそれぞれ丸を描こう。
耳の場所を決めるよ。


1番上の横線の両端が、耳の付け根になるように
かどをまるくした三角を描いてね。

ここから、それぞれパーツを描き込んでいくよ。


目は、ちょとつり目にして、目尻と目頭を強調してね。
まぶたから目頭のカーブの延長線上に、鼻があるよ。


青い丸の中に三角形の鼻を描いて、口は3を横向きに描くイメージで描いてみよう。


耳は内側の付け根の部分に線を引いて、


耳の内側から、外側に広がるように毛の線を引いてあげよう。


口のまわりと、目の上にも短めの毛を3本ずつくらい描いてあげてね。
目や耳は少し大きめに描くと、キャラクター表現の猫になるよ。
キャラクターイラストを描くときは、そのモチーフの特徴を目立たせてあげるといいよ。

それじゃあ、線を描いていこう!


まずは目。つり目を意識してね!目尻と目頭は、すこし線を太く描こう。
目の中にかいたまるもなぞってね。


鼻は角を丸くした三角を描くよ。


口もなるべく尖った部分が無いように、曲線をイメージして描いていこう。


髭と眉の線をすっと入れて、
輪郭を描いていこう。


猫の毛並みを意識して、ところどころ細かい線を入れてあげてね。


毛並みは中央から外に広がる線をイメージしてね。
実際の猫や、写真などをじっくり見てみるといいよ。

正面から見た猫の顔が出来たよ!

正面の顔が描けたら、横顔にもチャレンジしてみてね!


正面の顔と同じように、横長のだ円からスタートだよ!
正面の顔の、目、鼻、口、耳の場所から位置をよく見てアタリを決めよう。


横を向くとよくわかるんだけど、猫はおでこが短くて、


鼻は低く、鼻から顎の長さも短いよ。


耳は、中央から少し後ろ側にあるよ。
だいたいの位置が取れたら、パーツを描いていくよ。


目は、横から見ると扇のようなかたちだよ。曲線をイメージして、角ばらないように描こう。


耳は、外(後ろ側)、なかを分ける線を1本ひいてね。


毛並みはこういう流れになっているよ。


リアルタッチにしたいときは毛並みも描き込んでみてね。

猫の顔のポイントを紹介したよ!描けたかな?


いろんな猫の顔や表情をテンプレートにしてみたから、
アタムアカデミーの公式ホームページからダウンロードして、
なぞったり、色を塗ったりして練習してみてね!

慣れてきたら、猫が楽しくかんたんにかけるようになるよ!
次回は猫のからだを描くレッスンだよ♪
それじゃあ、またね~!

この記事も読んでみてね
猫の顔かきかたテンプレート

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP