ATAMブログ

2021.10.20

【動物の描き方】犬の顔を描こう!誰でも描けるテンプレート付!

【テンプレートはこちら】https://atam-academy.com/materials/


今回も身近な動物の描き方を紹介するよ。
犬は猫よりも種類によって形や大きさが様々だから、まずは形や特徴をとらえる練習からスタートしよう!

無料のお絵かきアプリ「Sketchbook」で描いていくから、DLして、テンプレートを開こう!

犬は種類によっていろんな形や大きさがあるけれど、実は鳥や猫と同じで特徴をとらえると、簡単にかけちゃうよ!
正面から見た顔を観察してみよう。


こうやってみると複雑そうにみえるけど、これならどうかな?
パーツをそれぞれ図形にしてみると、結構単純だよね!
こうやってそれぞれを単純な形にしてから組み立てていくと、いろんな犬種が簡単に描けるようになるから、一緒にやって行こう!

~正面から見た柴犬の顔~

柴犬の顔をモデルに、形をみていくよ。


まずは顔のりんかくから。ふんわりとした六角形を描くよ。
図形と言っても角ばっていると自然に見えないから、角をやわらかくしてみよう。
ちょっとだけ六角形の重心を下にしてね。


中央に十字線を描こう。だいたいでいいよ。


十字線の下半分に、たまご型のまるを描くよ。


このまるの真ん中に、鼻のアタリをとろう。


横の十字線の上に目のアタリをとるよ。


耳は、うえの辺の両端からまるみのある三角を描いてね。

これをもとに、したがきを描いていくよ。


目は、アーモンド形にしよう。


鼻は三角をイメージしてね。


その下に口、さらに下に顎の線を描いてね。


耳は中と外の境目を描き込んでみよう。

最後にりんかくも描いて、したがきは完成!
犬にも口ひげがあるけど、猫よりわかりにくくなっているから、省略してもいいよ。

ここから線を描いていくよ。


目は黒目がちにして、ハイライトを一か所ほどいれてあげてね。


鼻も濃い色で表現するよ。

りんかくと模様(もよう)を入れていくよ
りんかくはやわらかさを意識してみよう。


まずはだいたいのシルエットをとって


こい色でさらに線を描くよ


うすい部分と線をなじませたら完成!
ふわふわな柴犬が描きたいときは、はっきりとした主線にせずに、色で表現してみてもいいよ。


いろいろな配色パターンがあるから、よく観察してね。

しっかりと見てほしいポイントは、顔の輪郭・鼻と目の位置・耳の形!
これさえよーく観察できていたら、こんなふうにいろんな犬が描けるようになるよ!


アタムアカデミーの公式サイトにテンプレートを用意したから、
これを使って形のとり方や色の塗り方の練習をしてみてね!
正面の顔が描けるようになったら、横顔にもチャレンジしてね。

~柴犬の横顔~
柴犬の横顔はこんな感じ。

猫よりも立体的になっていて、
口は正面からみるより、横から見たほうが大きく感じるね。
描き方を説明するね。
まずはベースの、丸みのある六角形を描こう。

中央の十字線を描いたら、下半分に鼻を描いていくよ。

船の先をイメージして、顔の全体の半分くらいの長さにしてみてね。

鼻の下に口をいれてみよう。

目は、おうぎ型をイメージしてね。

猫と同じく、犬の耳の位置も真ん中より後ろにあるよ。

奥側の耳を小さく描いたり、耳の中と外の線を描くと立体的な印象になるよ。

毛並みを意識しながら線を完成させてね。

横顔も描けたかな?


横顔のテンプレートも、アタムアカデミーの公式サイトで配布しているから、テンプレートを使ってどんどん練習をしてみてね!
正面から見た時と同じように、
顔の輪郭・鼻と目の位置・耳の形に注目!
いろんな犬にチャレンジしよう!
次回は、犬のからだをかいていくよ!
それじゃあ、またね〜!☆

この記事も読んでみてね
犬のかきかたテンプレート

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP