ATAMブログ

2021.10.17

ブレンドモードとは? sketchbook編

今日は、sketchbookにある「ブレンドモード」について説明するよ。

ブレンドモードは、色を塗った絵に光をつけたり、影をつけたりするのにも使えるし、

絵に深みを持たせたいときにも、すごく便利なんだ。

みんなも一緒に、ブレンドモードを使って絵を描いてみよう。

 

今回は、ブレンドモードを使ってこの絵に光をつけたり、全体のイメージを変えていこう。

今から、この絵を夕方のイメージに変えていくよ。

まずはカラーホイールから、オレンジ色を選択しよう。

彩度の高いオレンジ色を選ぶと、あとから調整がしやすいよ。

オレンジ色が選べたら、レイヤーを一枚、もとの絵の上に増やそう。

次に、増やしたレイヤーを、さっき選んだオレンジ色でぬりつぶそう。

そうしたら、オレンジ色をぬったレイヤーをタップして、

出てきた黒い表示の、下のほうにある、「ブレンド」を選択しよう。

そうすると、「ブレンドモード」という表示に変わって、「重ね合わせ」や「スクリーン」などのたくさんの言葉が出てくる。

「重ね合わせ」は影をつけるときに便利だし、「スクリーン」は優しい光をつけたいときに便利なんだ。

まず、今回は「オーバーレイ」を使っていくよ。

オーバーレイは、選んだ色を足しながら、もとの絵の明るい色はより明るく、暗い色はより暗くしてくれるブレンドモードだよ。

でも、オーバーレイを選択したら、オレンジの色が強くなりすぎてしまっているね。

このままでもいいけれど、今回はこれからもっと自然な色に近づけていくよ。

まず、戻るボタンを押して、

 

「不透明度」と書いている場所のバーを、左がわに寄せてみよう。

さっきよりもオレンジ色が弱まって、自然になっているのが分かるかな?

最初と見比べてみよう。

イラストの雰囲気が、少し夕方のイメージに近づいたね!

 

さて、次は別のブレンドモードを使って、光を足してみよう。

もうひとつレイヤーを増やして、強い光が当たっている場所に、エアブラシで薄い黄色をぬったよ。

このレイヤーをタップして、

さっきのように、「ブレンド」を選択しよう。

今度は、「ソフトグロー」を選択するよ。

ソフトグローは、強めの光を表現するの便利なブレンドモードだよ。

でも、今のままでは光が強すぎるね。

さっきみたいに、不透明度で調整をしよう。

絵を見ながら、好きな光の強さにしてね!

最初と見比べてみよう。

とても印象が変わったね!

 

ブレンドモードはいっぱい種類があるから、今回の使い方だけではなくて、

みんながそれぞれ好きな方法で使っていくことができるよ。

他のブレンドモードもたくさん試して、好きな使い方を探してみてね!

それじゃあ、またね!

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP