ATAMブログ

2021.10.26

ブラシのカスタム 設定の基本・詳細 sketchbook編

今日は、ブラシをカスタムする方法を説明するよ。

sketchbookにはもともとたくさんのブラシが入っているけど、このブラシは、自分がもっと使いやすいようにカスタムすることができるんだ。

みんなも一緒にやってみよう。

 

今回は「技術的なペン」を例に、カスタムの方法を説明するよ。

まずは、技術的なペンを一度タップしよう。

そうすると、こんな表示が出てくる。

赤いやじるしで示した「設定」というところが選択されているかどうか、確認してね。

 
基本設定

まず、「基本」というところが選択されているかみてみよう。

「基本」の中にある「サイズ」は、ペンの大きさを変える所だよ。

その下にある「不透明度」は、ペンの濃さを変える所だよ。

 
詳細設定①筆圧

それじゃあ次は、「基本」の横にある「詳細」をみてみよう。

そうしたら、まずは「筆圧」をみていこう。

「筆圧」にもいくつか項目があるね。実際に描いたものを用意したよ。


★「筆圧」…高筆圧時のサイズ
ここで、ちから強く描いたときの線の太さがちょうせつできるよ


★「筆圧」…低筆圧時のサイズ
ここで、弱く描いたときの線の太さがちょうせつできるよ


★「筆圧」高筆圧時の不透明度
ここで、ちから強く描いたときの線の「不透明度」がちょうせつできるよ。


★「筆圧」…低筆圧時の不透明度
ここで、弱く描いたときの線の「不透明度」がちょうせつできるよ。

こんな感じで、「筆圧」では「描いたときの強さで、ペンの太さや濃さを変える」という設定ができるんだ。

 
詳細設定②スタンプ

次に、「スタンプ」をみてみよう。

「スタンプ」では、ペンをスタンプのようにする設定ができるんだ。

「スタンプ間隔」では、ペンをスタンプのようなポツポツとした描き方に変えられる。

「真円度」ではそのポツポツの形をだ円に変えることができるし、「回転」ではだ円の角度を変えることができるよ。

 
詳細設定③先端

それじゃあ次は、その下の「先端」をみてみよう。

「硬さ」は、描いた線のフチを見てみると、違いがよくわかるよ。

「形状」と「テクスチャ」では、ペンに質感や模様をつけられるよ。

 
詳細設定④ランダム性

次に、一番下にある「ランダム性」を見ていこう。

「ランダム性」ではこんな風に、規則的ではない描き方を設定することができるよ。

 
基本設定に戻って「ブラシタイプ」をみてみよう

それじゃあ、いったん上に戻って、赤いやじるしで示したこの部分を見てみよう。

ここでは、ペン自体に効果をつけることができるんだ。

レイヤーにある「ブレンドモード」のようなものだよ。

この記事も読んでみてね
ブレンドモードとは? sketchbook編

 

これで、ブラシの設定はすべて見終わったよ!

いろいろ見てみたけど、やっぱり元に戻したくなったら、このリセットボタンを押してね。

最初の設定に戻すことができるよ。

好みの設定にできたら、リセットせずにそのまま描き始めてみよう!

 

みんなも、今あるブラシをもっと自分好みのブラシにしたくなったら、ここからブラシの設定を変えてみてね。

それじゃあ、またね!

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP