ATAMブログ

2021.09.26

講師インタビュー 戸田ゆうか先生編

1:簡単な自己紹介をお願いします。(HN、お仕事内容等)

戸田ゆうかです。
アタムアカデミー では講師をしています。
素敵なアイディアがどうやったら形になるのか一緒に考えて、
わくわくするような楽しいレッスンを提供しています。

商品企画やデザイナーのお仕事をしながら、2020年より絵本作家として電子書籍レーベル惑星と口笛ブックスより
「ジミーと夕焼けの黒猫楽団」「チャックとさすらいの黒猫楽団」を刊行しています。

2:アートに関する経歴を教えてください。

2歳より広告の裏にらくがきを始めるところからアート人生が始まります。
高校の美術の授業で褒められて楽しかったことから、高校3年で美術部に入部し、進路を美大に変更しました。
その後は名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコースに入学し制作に没頭しました。
大学卒業後は、デザイナーとしてベビー用品のグッズデザインを主に担当していました。
同時にグラフィックデザインの基礎を学び、
フリーランスのイラストレーター・デザイナーとして自作のウエディンググッズのお店を10年続けました。
10年間でのべ4000組の新郎新婦さまにご利用いただき、沢山の方を笑顔に出来たことがとても嬉しかったです。
その後、トイレタリーグッズや家電メーカーで、商品デザイン・カタログ制作やパンフレットデザイン等を担当しました。
多種多様なご依頼にも柔軟に対応することでスキルアップに結びついた貴重な経験でした。

3:おすすめの画材を教えてください。

水彩絵の具です。絵の具の扱いを日々試行錯誤しながら制作しています。
デジタルツールはillustlaratorphotoshopが慣れているので、よく使っていますね。

4:週にどれくらいアート作品を描いていますか?

水彩画を週に1枚程度描いています。
絵本制作時期に入ると週1枚ペースで絵本用のイラストを描きます。

絵本は大体16ページ構成なので、扉絵などもあわせて18週間ほどかけてひとつの作品用に絵を描き続けています。
仕事のご依頼があるときはデジタルイラストを週に何本も描くときがあります。

5:日々の授業で心掛けていることはなんですか?

生徒の好みや「こうしたい!」という想いをいち早くつかんで、
一人ひとりに合った指導ができるようにしています。

それぞれの生徒によりモチーフの傾向、考えていること、理解度や解釈が違うので、
個別に適切なアドバイスができるように工夫しています。
楽しく一時間を過ごせるように、明るい雰囲気を心がけています。

6:講師の仕事の面白さはどんなところにありますか?

生徒が思わぬアイディアを出してきて、テーマに合致し、発想が面白い時に喜びを感じます。
生徒が楽しそうに集中して作業を進めて、
「先生!できました!」と作品をうれしそうに見せてくれる時、私も楽しくなります。

いろんな個性を一度に見ることができるので、大変勉強になることばかりで、
同じ課題でもまったく捉え方が違うところは面白く、とても興味深いです。

 

アタムアカデミー講師一覧はこちら
講師紹介

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP