ATAMブログ

2021.11.17

講師インタビュー 巴奈みずき先生編

 

1:簡単な自己紹介をお願いします。(HN、お仕事内容等)

巴奈みずきです。ファンタジー調のイラストや、キャラクターデザイン制作などを行っています。
アタムアカデミーでは、グループコース・パーソナルコースの通常レッスンを担当しています。
ものづくりをしたい、表現したい、そんな思いを広げる手助けをしたいです。

2:アートに関する経歴を教えてください。

絵を描き始めたのは、ほんとうに小さい頃からです。
小学校にあがる前から、スケッチブックや使い終わったカレンダー、チラシの裏など、とにかくスキマを見つければ絵を描くような子供でした。

実は、高校生くらいまでは、絵は趣味のものでしかなく、将来の夢は「絵描き」より、小説家か学者になりたかったんです。

本格的に絵の勉強を始めたのは大学生になってからです。
美術科で環境デザインや構成、美術教育学についてを学び、「絵は、言葉や音楽のように、人に何かを伝える手段のひとつなんだな~!」と気付けたことがきっかけでした。

現在は主にキャラクターのデザインなどをやっています。

3:おすすめの画材を教えてください。

現在はほとんどの制作をiPadで行ってしまうのですが、使っているソフトは「CLIP STUDIO PAINT」です。
仕事の絵も今はiPadで総て制作を行っています。
アナログで好きな画材は、ガラスペン(つけペン)に水彩です。
ガラスペンは、風合いがあって、温かみのある線が引ける気がするので、大好きです。

4:週にどれくらいアート作品を描いていますか?

週4~5日くらいだと思います。
依頼されて絵を描くこともあれば、そうじゃなくても趣味で毎日、暇さえあれば絵を描いています。

5:日々の授業で心掛けていることはなんですか?

上達ももちろんですが、楽しんでもらう事を考えています。
絵を描いてる事が面白いと感じてくれるように、ただ、その為にも、毎週新しく学びがあったり、上達を実感できるようにとは心がけています。

6:講師の仕事の面白さはどんなところにありますか?

日々生徒さんと接していると、思いも寄らない所からアイディアが出てくるので、「そう考えるんだ、おもしろい!」と気付かされる事が多いです。
子どもたちは「こうあるべき」という固定概念が少なく、ツールの使い方であっても、面白い使い方をしてくれたり、生徒さんから発見をいただくことがあり、私自身も刺激をもらっています。

私や生徒さん同士とのかかわりのなかで、毎日いろんなアイディアが出てくると思います。
その発想や発見を大事にしてもらいながら、その子自身の表現に活かせるようなサポートができると嬉しいです。
それぞれの生徒さんの成長が実感できること、成長を見届けられることに面白さを感じます。

アタムアカデミー講師一覧はこちら
講師紹介

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP