ATAMブログ

2022.03.30

Iさんの作品(担当:カワサキナツミ先生) ‐ オンラインイラスト教室|ATAM ACADEMY

12月授業「オリジナルのマンガを描いてみよう!」 グループコース Iさん

Iさんのレッスン担当講師のカワサキナツミです。

今回は、12月テーマの「オリジナルのマンガを描いてみよう!」で制作したIさんの作品をご紹介します。

 

「マンガ」と言っても、少年・少女マンガがあったり、さらに細かくジャンル分けがされています。

今回は、まず初めに「少年マンガと少女マンガでは、どんな特徴の差があるか」を
知ってもらって、マンガを描いてもらいます。

 

少年マンガの特徴を知る

少年マンガに多い表現「線」でスピード感を演出

このシートでは、人物のみが元から描いてあり、
授業では「武器」と「スピード線」を追加します。

 

私のクラスでは「切られているモノ」も描いてもらいました。
何を切っているか考えると、武器の形も想像しやすくなります

 

このシートの大事なテーマ「スピード線」は、
線がブレたり、迷ったりすると、スピード感はゼロになってしまうため、
迷いなくスッと線を描くことが、綺麗なスピード線のポイントになります。

 

Iさんは、いつもどんなテーマにも、前向きに取り組んでくれます。

スピード線も「とりあえずチャレンジしてみる」の精神でスッスッスッと描きました。
ブレのない線で剣の通った道が分かりやすいです。

 

また、切られている(どこかでみたことある)敵も、
剣の流れと同じ方向に飛び散っているので、どういう流れで剣が通ったのか
無意識のうちに理解できてしまいますね!!

 

少女マンガの特徴を知る

続いては、少女マンガに多い「気持ちを伝える」表現を考えます。

のっぺらぼうの人物が描かれたシートに「表情」と「比喩的表現の背景」を描きます。
表情と背景で伝わる雰囲気を合わせることがポイントです。

 

うれしい」では、背景に点描で星の形を配置しています。

例えばこれが、「ハート」だったら、
好きな人との会話で良いことがあったのかな?と推測できますが、
」を使っていることによって、友達との会話を楽しんでいるのかな?と感じることができます。

 

また、アイビスペイントの機能をうまく使いながら、点描で表現することによってふんわりとさせています。
穏やかで暖かい雰囲気が伝わってきますね。

 

Iさんは、表情に合わせた背景の選択、描き方ができていて、
どれだけ「嬉しいのか」「ショックなのか」が、とても伝わってきます

 

オリジナルマンガ作成

最後は1Pマンガに取り組みます。

Iさんは、以前にカリキュラム内で製作した、
自身のLINEスタンプ「はにわたち」のオリジナルキャラで描いてくれました。

 

「テーマ」を決めることも悩みますが、次に来る課題が「コマ割り」です。

1Pにだいたい何コマ描けるのか?は、意外とピンと来ないので、
まずは、自分の持っているマンガで、1Pに何コマ描いてあるか数えてもらいました。

 

生徒たちから得た回答は4コマ〜8コマでした。

ということで、
私からのアドバイスは「4コママンガを考えるようにコマ割りしてください」としました。

 

「1P」と聞くと大層ですが、「4コマ」と聞くと身近に感じてもらえたようで、
Iさんも他生徒の子たちも、コマ割りで止まった手が動き出しました。

 

そして完成した作品がこちらになります!

1コマ目の壮大な雰囲気から一転、
2コマ目のゆるさに、Iさんのマンガを面白がって描いている気持ちが伝わります。

 

また、カラーで描いてくれた理由は、
最近はWEBの漫画はフルカラーも多いので」と時代を反映させた上での選択でした。

 

私から伝える以上のことを作品から返してもらえることはとても嬉しく、
今後も、Iさんのどんなテーマにも前向きに取り組む姿勢をバックアップできるよう、
授業を進めていきたいと思います。

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
校長先生が伝える12月の授業内容 講師紹介 オンラインクラス

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP