ATAMブログ

2022.03.30

Nさんの作品(担当:春原ゆきこ先生) ‐ オンラインイラスト教室|ATAM ACADEMY

1月授業「ゲームパッケージを作ろう!」 グループコース Nさん

Mさんのレッスン担当講師、春原(すのはら)ゆきこです。

今回は、1月授業の「ゲームのパッケージをつくろう!」で制作した作品をご紹介します。

 

今回は、オリジナルゲームを考えてキャラクターやプレイ画面も作っていく課題です。

 

ゲーム設定とキャラクター


まずは「ゲームの内容」を決定します。

 

今回、Mさんは既存のパズルゲームを参考にしたアプリゲームを作ることにしました。
「牧場」と「ウシ」をモチーフに世界観を広げていきます。

 

主人公の名前は「キュンモーモー」。

ハートマークがとってもかわいいですね♪
ぬいぐるみのような愛らしいキャラクターたちができました!

 

これはグッズ展開も期待できそうですね・・・( ̄∇ ̄)ニヤリ

 

ゲームのプレイ画面

次は「ゲーム画面」を描いていきます。
スマホゲームなので、ワークシートを縦にして描き進めました。

 

制限時間の数字が「ウシ柄」になっていたり、一時停止のボタンが「ウシマーク」だったり・・・

ウシという一つのモチーフで色々な使い方ができています。

見せ方の引き出しが身に付いていますね♪
これはすごいです!

 

ゲームパッケージ

最後に「ゲームのアイコン」を描いていきます。

 

ゲームの値段は、基本無料タイプと迷いましたが、330円に設定しました。
リーズナブルなお値段なので、たくさんの人にプレイしてもらえそうですね。

 

こういった画面を作るとき、初心者だと同じ大きさでキャラクターを並べがちですが、
大きさを変えて並べているので画面に表情が出ています。

タイトルの中にも、小さなモーモーがいてとってもかわいいですね(^^♪)

 

まとめ

今回の課題は「やりたいこと」と「お客さんの目線」をどちらも考える
少し難しい課題でした。

Nさんは参考にしたゲームから、上手に技を盗み、
オリジナリティーとわかりやすさのどちらも両立させた良いデザインをしてくれました。

着実に成長しているNさんの今後に、期待大です♪

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
校長先生が伝える1月の授業内容 講師紹介 オンラインクラス

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP