ATAMブログ

2022.04.12

Kさんの作品(担当:戸田ゆうか先生) ‐ オンラインイラスト教室|ATAM ACADEMY

2月授業「ファッションデザインに挑戦しよう!」 グループコース Kさん

Kさんのレッスン担当講師の戸田ゆうかです。

今回は、2月テーマ「ファッションデザインに挑戦しよう!」で制作したKさんの作品をご紹介します。

 

この授業では、自分なりのテーマを決めて、ファッションショーを企画してみました。
まず最初にテーマ・モチーフを決めて企画書を描くところからのスタートです。

 

企画書の作成

講師の私は、何年か前に実際のアパレルデザイン事務所で、
イラストレーターとして勤務
していたことがあります。

 

とあるブランドの子供服のイラストを担当していて、
その時もパタンナーさんたちと一緒に企画書をきちんと作っていました。

そのためこの課題は、本当のお仕事に沿っているなあと思って
納得しながら授業していました。

 

今回、私の授業では、生徒さんに「世界の民族衣装」から好きな衣装を選択してもらい、
民族衣装の歴史を調べながら現代のファッションに落とし込むところまで、
一連の流れを組んでファッション史を学んでもらいました。

多くの生徒さんが、大変素敵なデザインを生み出してくれました。

 

さてKさんは、迷わず「昔の日本」を選びました。
大正時代の和モダンな着物をテーマにしたいというのです。
いきなりのこの発想にちょっと面食らいました。

みんなアジアや中東、北欧などを選ぶ中、まさかの日本

 

ショーの開催場所は「実際に日本にある場所にしてほしい」と声かけしたところ、
Kさんは京都の清水寺が背景になる橋を選び、燃えるような紅葉にそびえ立つお寺という大胆な構図で、
ロマンチックな風景を書いてくれました。

 

衣装の下調べ

次に、着物の2面図を制作しました。
こちらのワークシートは、大正時代の着物の資料を参考に、当時の衣装をそのまま再現して
描いてもらいました。

想像でファッションを描くことはみんな得意ですが、
きちんと調べたことを写し取ることも勉強になるからです。
脚色せず、誇張せず丁寧に描いてくれています。

 

また衣装のメモには、
「羽織は膝からしたの長羽織が主流」であること、
「洋服は少数派。着物が普段着。そのため、現代のような帯のアクセサリーはほとんどない」
ということで、当時は飾りが簡素だったことを書き出しています。

 

こうして自分で調べたことは貴重な財産になるでしょう。

 

ファッションデザイン

次はいよいよ、自分なりの個性を出してファッションのデザインに入ってもらいました。

 

和装を残しながら少し現代風にアレンジしてもらったこの衣装たちは、
色のテーマもそれぞれあり、一部フリルをあしらったり、
袖が長さ調節できるようになっていたり、
男女どちらも着れるようなユニセックスな柄になっていたり
と工夫がみられます。

 

素材の柄を上手く溶け込ませ、自然な着物を表現できているイラストがとても素敵です。

 

男性バージョン

そして最後に、男性バージョンの衣装も考えてくれましたが、これがクールで本当にすてき!
ちょんと乗せた小さな帽子唐草模様のバッグ小物をあしらって、とてもモダンです。

 

本当に今この日本でこの格好で歩いていても粋だな〜と感じます。
これが生み出されてくるとは思わなかった

モノトーンでまとめた統一感も素晴らしい。あっぱれです。

 

Kさんは現在、「自分をアバターにしよう」という3月の課題に取り組んでいます。
どんどん生み出される作品の数々、これからも楽しみにしています!

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
校長先生が伝える2月の授業内容 講師紹介 オンラインクラス

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP