ATAMブログ

2022.08.06

Tさんの作品(担当:あゆ先生) - オンラインイラスト教室|ATAM ACADEMY

6.7月の授業「理想の島をつくろう!」グループコースTさん

Tさんのレッスン担当講師のあゆです。

今回は、6.7月テーマ「理想の島をつくろう!」で制作したTさんの作品をご紹介します。

 

理想の島のテーマをかんがえよう〜せってい〜

 

まずは、島の大まかな設定を考えていきます。

Tさんが考えてくれたのは、島のもの全てが食べられる「デリシャス諸島」。
島に住む動物たちも、体のどこかが食べられるそうです!

 

島の「いきもの」をかんがえよう

 

島に住む生き物を考えていきます。

体の一部、または全部が食べられるユニークな生き物たちを、
ワークシート2枚にわたって描いてくれました。

 

島の生活に必要なものを考えよう①「自然」

 

島の自然についても細かく考えていきます。

大きなガムの木は島のシンボルにぴったりだと感じたので、
どのように描けば木が目立って見えるのかを一緒に考え、リアルな木の描き方についてもお手本を見せながらお教えしました。

1枚目のワークシートにあった「チョコレートの泉とクッキーの図書館」についても細かく考えてくれましたね。

 

島の生活に必要なものを考えよう②「たてもの」「のりもの」

 

自然を考える時に図書館の設定を描いてくれたので、このワークシートでは主に「のりもの」を考えてもらいました。

この島では生き物に乗って移動をするそうです。
飴でできているけれど、食べたら壊れてしまうので食べられない「カー飴」の設定が面白いですね。

これで、島についての細かい設定を全て考えることができました。

 

「理想の島」を完成させよう!

ここからは実際に1枚のイラストとして島を描いていきます。
まずはイラストのバランスを見るために、ラフ画(完成イラストを簡単に描いたもの)を描いてもらいました。

 

にぎやかで楽しい雰囲気が出せています。
島を1番目立たせたいのと、「カー飴」の飛べる設定をいかしたいので、
アドバイスをして修正をお願いしました。

 

島を画面の真ん中に配置。
さらに「カー飴」を羽ばたかせることで、存在感がより強調されたラフ画が完成しました。

これを元に細かい部分を描き込んでいきます。

 

クッキー・飴・木・雲など、質感の違いをしっかりと表現できています。
モチーフの配置を工夫することで、イラスト全体のバランスも綺麗にとれていますね。

 

Tさんはクッキーの図書館の立体感を出すのが苦手なようでしたが、
イメージイラスト、設定、ラフ画、本番と何度もくりかえし描くことで、苦手を克服できたようです。
最初のイメージイラストと比べると、その成長がよく分かりますね。

デリシャス諸島の完成です!

 
↓↓無料体験レッスンはこちらから

アタムアカデミー関連記事
校長先生が伝える6.7月の授業内容 講師紹介 オンラインクラス

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP