ATAMブログ

2022.08.03

Sさんの作品(担当:とい先生) - オンラインイラスト教室|ATAM ACADEMY

5月授業「身の回りのものをデザインしよう!」グループコースSさん

Sさんのレッスン担当講師のといです。

今回は、5月の課題「身の回りのものをデザインしよう!」で制作したSさんの作品をご紹介します。

このレッスンでは、身の回りのものにオリジナルのデザインをプリントして、
世界にひとつだけのグッズを作ること
にチャレンジしてみました。

 

使い方に合わせたイラストを考えよう

 

まずは、使い方に合わせたイラストを考えるところからスタートです。

このシートでは、自分が選んだグッズをどのようなことに使うか考え、
そこからイラストのアイデアを膨らませていきます。

用途だけでなく、だれが使うかどこで使うか等、より詳しく考え、
すべてアイデアの手掛かりにしていきます。

Sさんは、趣味のカードコレクションから着想を得て、
カードを入れるポーチ」というアイデアにしました。
好きな動物とカードを組み合わせたはイラストは使い方に合っていて、
尚且つオリジナリティがあるデザインで素敵ですね♪

 

ロゴを考えよう

 

次に、ロゴもデザインしてみました。

アレンジされた文字のことをロゴといいます。
文字をデザインするのは、ただ絵を描くのとは違った面白さがありますね。

Sさんは、文字の形に合わせて上手に動物の絵を入れ込み、
テーマに沿ったデザインを考えることができました。

 

レイアウトにチャレンジしよう

 

アイデアが固まってきたら、次はレイアウトを考えます。
それぞれのモチーフをどんな大きさで、どのように配置するかを決めることを「レイアウト」といいます。

最終的にイラストを印刷するグッズ(ここではポーチ)に、自分のデザインを当てはめながら考えていきます。
同じイラストを使っていても、レイアウトを変えるだけで見え方は格段に違ってくるので、重要なポイントです。

自分が一番見せたいものは何なのか大事にしたいポイントはどこなのか等を考えながらレイアウトを決めていきます。

 

考えた結果、Sさんは「今回はイラストのみを使用したデザインにする」と決めました。
あえて要素を少なくすることで、よりSさんのイメージに近いデザインに仕上がったと思います。

 

Sさんの好きなものをたくさん詰め込んだデザインは、見ているだけで楽しい気持ちになってきます♪
ヒラヒラと舞うように配置されたカードと、風船で飛ぶ動物や人間のにぎやかな様子が、とても素敵です。
こんなポーチにカードを入れて持ち歩いたら、それだけでテンションが上がること間違いなし!ですね♪

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
校長先生が伝える5月の授業内容 講師紹介 オンラインクラス

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP