ATAMブログ

2022.09.10

生徒のイラスト お菓子×パステルカラー!島のもの全てがお菓子の「snack島」

6・7月の授業「理想の島を作ろう!〜コンセプトアートに挑戦〜」Hさん

アタムアカデミー講師のといです。

今回は、6・7月のイラストレッスン「理想の島を作ろう!〜コンセプトアートに挑戦〜
で制作したHさんの作品をご紹介します。

このレッスンでは、自分で決めたテーマに合わせて、
好きなものを詰め込んだ“理想の島”を描くことにチャレンジしてみました。

また、コンセプトアートのお仕事のように
「イラストを見た人が、島での暮らしを想像できるかな?」ということも考えていきます。

 

島のテーマを考える

 

まず最初に、おおまかな島のテーマを考えていきます。

自分の島はどんな特徴を持っているのか、
どんな生き物が暮らしているのか、
どんな名前なのか、
どんなをしているのか、
どんなをしているのか…。

興味のあることに合わせて、アイデアを出していきます。

Hさんは、興味のある「お菓子」と「パステルカラー」というキーワードから、
snack島』という、可愛らしいお菓子の島を考えました。

島に暮らしている生き物たちや植物なども全て、お菓子でできているらしいです。
とても面白い発想ですね♪

 

島の生き物を考える

 

テーマが決まったら、次はいくつかの要素に分けて、細かい設定を決めていきます。
まずは島に住む「生き物」について考えてみました。

Hさんは、「お菓子」というテーマに合わせて、飴とチョコレートをモチーフにしたユニークな生き物を考えました。
ただ見た目を考えるだけでなく、
それぞれのキャラクターの住んでいる場所、性格、名前なども詳しく考えてくれています。

このように詳しく考えておくと、いざ本番の絵を描く時にも迷わず進めていくことができますし、
そこから新たなアイデアを膨らませていくこともできますね♪

 

島の自然を考える

 

次は島の「自然」について考えてみました。

Hさんは、カップケーキとキャンディーをモチーフにした木をデザインしました。
とっても美味しそうで可愛い木ですね♪

季節によって味が変化したり、不思議な伝説があったりなど、細やかな設定もすごく魅力的です!

 

島の建物を考える

 

次は島の「建物・乗り物」について考えてみました。

Hさんは、自分で考えた生き物に合わせて、
「それぞれのキャラクターが住んでいる家」というイメージでデザインしました。
飴とチョコレートの形が上手く建物の形に落とし込めていますね。

ここまで考えた全てのモチーフが、色合いや形が統一されていてすばらしいです。
世界観が良くイメージできていますね♪

 

島を描く

 

生き物や自然、建物・乗り物についてアイデアが固まってきたら、
それらをひとまとめにして島の全体像を描いていきます。

Hさんは、一番最初に考えていた島の形をブラッシュアップして、建物や背景など、新たな要素も描き足していきました。
ハチミツの海や、ドーナツの形の雲など、どれもとても可愛らしく描けていますね♪
建物を奥に配置することで、島の奥行も感じられてすばらしいです。

時間をかけてアイデアを煮詰めたからこそ、中身の詰まった見ごたえのある作品に仕上がりましたね♪

 

アタムアカデミー関連記事はこちら

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスンへ受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ