入塾申込書および規約

1.契約の成立

入塾申込書(以下「入塾申込書」といいます)に署名または記名押印した保護者(以下「契約者」といいます)は、入塾申込書及び本規約の内容に同意したうえで、株式会社アタム(以下「当社」といいます)が運営する「アタムアカデミー」(以下「アタムアカデミー」といいます)に対して入塾及び契約の申し込みを行い、アタムアカデミーがこれを承諾した場合において、入塾申込書及び本規約をその内容とする契約(以下「本契約」という)が成立します。

2.役務の提供及び対価の支払

  • アタムアカデミーは、契約者に対し、アタムアカデミーの定めるコースの中から契約者が選択した入塾申込書記載の内容のサービス(以下「本サービス」といいます)を提供します。なお、コース毎のカリキュラムの詳細は、当社のWebサイト(https://atam-academy.com)及び入塾申込書(以下「当社のWebサイト等」といいます)の記載をご確認ください。
  • 契約者は、入塾金及びコース毎に設定された授業料等(以下「授業料等」といいます)の入塾申込書に記載された金額を、入塾申込書記載の方法により納入期限までに支払うこととします。
  • 前項のお支払いが遅延した場合は、アタムアカデミーは、年6%の遅延損害金を請求することができることとします。
  • アタムアカデミーが特別に認めた場合に限り、契約者以外の者が授業料等を支払うことを認めることがあります。ただし、当該支払者が第2項の納入期限までに支払わなかった場合、アタムアカデミーは契約者に対し第2項に基づく支払いを前項の遅延損害金と併せて契約者に請求するものとします。

3.サービスの形態

  • 本サービスは、集団指導によって契約者に提供されるものとします。
  • 集団指導とは、所定の教室またはオンラインにて所定の指導時間内に講師(1クラス2名)が複数の生徒(1クラス最大10名)に対して授業形式でデザイン、グラフィックデザイン等の指導を行うものです。
  • 本サービス提供中に、本サービスの提供を妨害するような行動等、本サービスの提供に不適当な状況が発生した場合には、教育的配慮に基づき、講師が生徒(本サービスの提供を受ける者を指し、以下同様とします。)または契約者の要求に応じない措置や教室を退室させたりする等の措置を講じる場合があります。

4.教育的配慮

  • 本サービス提供中に、本サービスの提供を妨害するような行動等、本サービスの提供に不適当な状況が発生した場合には、教育的配慮に基づき、講師が生徒または契約者の要求に応じない措置や教室を退室させたりする等の措置を講じる場合があります。
  • 契約者及び生徒は、正当な理由がある場合を除き、前項に基づく措置に異議を述べないものとします。

5.サービスの開始日

本契約において、本サービスの開始日とは、生徒が現実に受講したか否かを問わず、入塾申込書に記載した日とします。

6.欠席及び授業の振り替え等

  • 生徒が事前に定められた授業日時を欠席したとき、授業料(教室運営費、教材費を含む)等の返金は行いません。
  • 生徒が事前に定められた授業日時に受講できないとき、契約者は前日までにアタムアカデミーに連絡することにより、月1回を上限として、受講日時をアタムアカデミーと協議の上、別の日(基本的に当月内とします)に振り替えることができます。
    • 振替の日時及び講師等については、契約者のご希望に添えないことがあります。
    • 振り替えた授業をさらに振り替えることはできません。
  • 生徒が前項に定める回数の振り替えを当月内に消化できない場合は、契約者は受講日時をアタムアカデミーと協議の上、翌月内に1回限り、本サービスを無料で受けられるものとします。
    • 日時及び講師等については、契約者のご希望に添えないことがあります。
    • 本項が適用される授業の日時をさらに振り替えることはできません。

7.サービスの実施場所

アタムアカデミーは、当社のWebサイト等記載の場所において本サービスを提供します。ただし、やむを得ない事情がある場合は、両者合意の上、他の場所にて本サービスを提供することがあります。

8.契約期間及び本サービスの内容等の変更

  • 本契約の有効期間は、入塾申込書記載のとおり、契約締結日から翌月末日までとします。ただし、本契約は、契約者またはアタムアカデミーから本契約の有効期間満了日の属する月の10日までにアタムアカデミー所定の書面による申出がない限り、1か月単位で自動更新されるものとし、以後同様とします。なお、更新時には、更新料等は請求しないものとします。
  • 前項の規定に基づき、更新後の本契約は、前項に定める書面による本契約終了の申出時期に応じ、次の時期に終了します。本契約終了をもって生徒は退塾し、退塾した生徒が再度利用を希望する場合は、再度入塾金を支払うものとします。
    • 当月10日までに申し出を行った場合、当月末日
    • 当月11日以降翌月10日までに申出を行った場合、翌月末
  • 契約者は、アタムアカデミー所定の方法による申出をすることにより、次に掲げる日から本サービスの内容及びサービスの実施場所を変更することができます。
    • 当月10日までに申し出を行った場合、翌月1日
    • 当月11日以降翌月10日までに申出を行った場合、翌々月1日
  • サービスの実施場所の変更を希望された場合において、変更先の生徒数が定員に達しているときは、受け入れ可能となるまで受講を待機することとなります。また日時、講師については、契約者のご希望に添えない場合があります。

9.休塾

  • 契約者は、アタムアカデミー所定の書面による休塾申出時期に応じ、次に掲げる日(以下「休塾開始日」とする)から休塾することができます。
    • 当月10日までに申し出を行った場合、翌月1日
    • 当月11日以降翌月10日までに申出を行った場合、翌々月1日
  • 休塾は1か月単位とし、その間の授業料は発生しません。
  • 受講再開を希望された時点で生徒数が定員に達している場合、受け入れ可能となるまで受講を待機することとなります。また日時、講師については、契約者のご希望に添えない場合があります。
  • 休塾期間は、休塾開始日から最大6か月とし、この期間に受講を再開されない場合は、休塾期間の最終日をもって退塾したものとします。
  • 前項の規定により退塾した生徒が、再度利用を希望する場合は、再度入塾金を支払うものとします。

10.アタムアカデミーによる解除

  • アタムアカデミーは、生徒または契約者が次のいずれかの事由に該当する場合、本契約を直ちに解除することが出来ます。
    • 他の生徒やアタムアカデミースタッフ、その他第三者に危害を及ぼす行為を行った場合
    • アタムアカデミーの秩序を乱したり、授業を妨げる等の行為を行った場合
    • アタムアカデミーの建物や器物を破損する行為を行った場合
    • アタムアカデミーのスタッフの指示や指導に従わない場合
    • アタムアカデミーのスタッフまたは講師と本サービスに関連する連絡以外の連絡を取った場合
    • 授業料を2か月以上滞納した場合
    • 生徒または契約者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力であることが判明した場合
  • 前項の規定により本契約が終了した場合であっても、すでにお支払いいただいた授業料等の返金は行わず、また未納分の授業料等はお支払いを要するものとします。

11.関連商品

本サービスに付随して必要となる関連商品はありません。

12.クーリングオフ

  • 契約者は、本契約書面を受領した日から起算して8日を経過する日までの間は書面によって本契約を解除することができます。
  • クーリングオフが不実告知による誤認、または威迫による困惑によって行使されなかった場合、アタムアカデミーから改めてクーリングオフができる旨を記載して交付した書面を受領した日から起算して8日を経過する日までは書面によって本契約を解除することができます。
  • 第1項及び前項による本契約の解除は、契約者が本契約を解除する旨を記載した書面を発信したときより成立します。
  • 第1項及び第2項による本契約の解除については、手数料は不要とし、契約者は損害賠償または違約金の支払いを請求されることはありません。既に引き渡された関連商品の引き取りに要する費用、提供を受けた役務の対価、その他金銭の支払い義務はありません。既に代金または対価の一部もしくは全部を支払っている場合は、速やかにその全額の返還を受けることができます。

13.中途解約

  • 契約者は、本契約書面を受領した日から起算して8日を経過した後において、本契約の中途解約を行うことができます。
  • 契約者から前項による中途解約の申出があった場合であって、本サービス開始前であるとき、アタムアカデミーは、契約の締結及び履行のために通常要する費用として2万円を請求できるものとします。したがって、それを超える前受金を受領している場合には、当該前受金から2万円を差し引いた額を返還するものとします。
  • 契約者から第1項による中途解約の申出があった場合であって、本サービス開始後であるときは、アタムアカデミーは次の各号に定める額の合計額について請求できるものとします。したがって、それを超える前受金を受領している場合には、当該前受金から上記の額を差し引いた額を返還する。
    • 提供された役務の対価として、入塾金全額(入塾手続き、生徒または契約者との面談、個人ファイル作成、データベースへの入力等に要する初期費用のため返還しない)
    • 提供された役務の対価として、経過分及び使用分の授業料等
    • 通常生じる損害の額として5万円または契約残額の20%に該当する金額のいずれか低い額
  • 前項の役務の対価の単位は、(月・回数)をもって計算するものとします。
  • 返還金がある場合は、契約時に登録した契約者名義のクレジットカードに返金する方法により速やかに契約者に返還する。

14.著作権等

  • 本サービスにおいて生徒または契約者が製作した作品(以下「作品」といいます)の所有権及び著作権(著作権法第27条及び28条所定の権利を含みます)、特許権、商標権、意匠権等の一切の知的財産権を含むその他一切の権利は生徒または契約者に帰属するものとします。
  • 生徒または契約者は、アタムアカデミーに対し、作品をアタムアカデミーの宣伝広告等に利用することを無償で許諾するものとします。なお、アタムアカデミーが宣伝広告等に作品を利用する場合には、当該作品の制作者が特定できない形で利用するものとします。

15.損害賠償

  • アタムアカデミーの本サービスの提供に起因して、生徒等の第三者の生命、身体を害し、または財産を損壊したことについて法律上の損害賠償責任を負うべき場合、アタムアカデミーは相応の補償を行うものとします。ただし、アタムアカデミーの管理下にない間に発生した事故、生徒の能力または技術が向上していないことに関する損害、またはアタムアカデミーの施設内で生じた盗難及び紛失等について、一切損害賠償の責めは負わないものとします。またアタムアカデミーの管理下における生徒の行為に起因する偶然の事故については、法律上の損害賠償に基づき生徒及びその法定監督義務者が解決にあたるものとします。
  • 契約者は、生徒または契約者が、他の生徒、アタムアカデミーまたはその他の第三者に損害を与えたときは、その損害を賠償するものとします。

16.オンラインビデオ通信サービスの利用等

  • 本サービスは、オンラインビデオ通信サービスZoom、Google meetsまたはwhereby(以下「Zoom等」といいます)のいずれか一つを利用して提供します。
  • Zoom等の不具合等に起因して予定していた授業の実施が困難であることが事前に判明した場合には、別日に授業を実施するものとします。
  • 授業の実施中にZoom等の不具合に起因して授業が中断した場合には、予定されていた授業時間から中断時間を控除した時間分を別日に振り替えて授業を実施するものとします。
  • Zoom等を利用した本サービス提供中の様子は、本サービスの品質向上等を目的として録音・録画することがあります。また、録音・録画した映像等を契約者及び生徒を特定することが困難な形に編集のうえ、本サービスの宣伝広告を目的として当社のWebサイト等に掲載して利用することがあります。契約者は、本契約の締結をもって本項に定める録音・録画及び本サービスの宣伝広告を目的としてそれらを利用することついて同意したものとみなとします。

17.不保証

当社は、本サービスの提供にあたり以下の各号に該当する事項を保証しません。

  • 契約者または生徒のイラスト等の作成・制作能力の向上
  • 契約者または生徒が希望するイラスト等を作成・制作できること
  • 本サービスの完全性、有用性、網羅性、正確性、真実性
  • 契約者または生徒が希望する講師から本サービスの提供を受けること

18.本サービスの終了

アタムアカデミーが本サービスを終了する場合には、2ヵ月以上前に契約書に書面、電話、LINEまたは電子メール等にて通知するものとします。

19.事業譲渡等

当社は、本サービスを第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、本契約に基づく権利及び義務並びに契約者及び生徒の情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、契約者及び生徒は、契約者たる地位、本契約に基づく権利及び義務並びに契約者及び生徒の情報等の譲渡につき予め同意し了承するものとします。

20.個人情報の取扱い

当社は、本サービスの提供に関連して取得した個人情報を、当社の定めるプライバシーポリシーに従って適切に取り扱うものとします。

21.本規約の変更

  • 当社は、法令の改正、社会情勢の変化その他の事情により、本規約を変更する必要が生じた場合には、民法第548条の4(定款約款の変更)に基づき、本規約を変更することができます。
  • 当社は、前項の規定により本規約を変更する場合、その効力発生日を定め、効力発生日までに、当社のWebサイトへの掲載その他の方法により以下の事項を周知するものとします。
    • 本規約を変更する旨
    • 変更後の本規約の内容
    • 効力発生日

22.紛争の解決

  • 本契約について疑義が生じた場合、その他本契約に関して争いが生じた場合は、両者協議の上、解決するものとします。
  • 本契約に関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年11月11日制定

株式会社アタム