まずは無料体験レッスン 電話 LINE
レッスンブログ

【生徒作品の紹介】レッサーパンダ×お菓子!カラフルでポップなポーチ

【生徒作品の紹介】レッサーパンダ×お菓子!カラフルでポップなポーチ 生田月恵先生

今回はアタムアカデミーの生田月恵先生の2022年5月の授業のイラストレッスン「身の回りのものをデザインしよう」で、Oさんが制作した作品をご紹介します。

このカリキュラムでは、好きなグッズを決めてから、デザインのテーマを決めてオリジナルグッズをデザインします。ロゴの制作やレイアウトなどを考えて、オリジナルグッズのトータルデザインを行なっていきます。全体の調和を考えて、自分のオリジナルブランドまで表現していきます。

今回Oさんはお菓子を入れるポーチをテーマにデザインを考えることにしました。Oさんが最近ハマっているレッサーパンダをモチーフにデザインを作り始めました。

生田月恵先生の授業「身の回りのものをデザインしよう」Oさんの作品例

お菓子にかこまれて幸せそうなレッサーパンダがとても可愛いです♪
キャンディーの柄まで一つ一つていねいに描かれていますね。カラフルでとても可愛らしいです!
たくさんの色が使われていますが、全体がやさしい色でまとまっていますね。

色が塗り終わりましたが、Oさんは「ロゴをもう少し変えたい」ということで、手直しをすることにしました。

講師からは、「ロゴの線をスッキリさせて見やすい文字とするのはどうだろうか?」とアドバイスしました。

アドバイスを踏まえてOさんは、ロゴの形を手直しして、背景も塗りました。
幸せそうな表情とあたたかい色の背景がマッチしていて、見ているだけでほっこりします♪

さらに、レッサーパンダの手や可愛い表情がさらに見やすくなるように、線の色も工夫してもらいました。線の太さや色など、少しの工夫だけでも見栄えがとても良くなります。

こまかい部分までしっかりこだわった、世界にひとつだけのオリジナルのグッズとなりました。

無料体験レッスン

ATAM ACADEMYの
カリキュラムを体験できる
オンライン無料体験レッスンを毎週開催
写真:タブレットで子供がイラスをと書いている

オンラインコースでは、PCで講師とビデオ通話をしながら授業を進行していきます。iPadに必要なソフトをインストールし、apple pencilを使って授業を行っています。課題や制作した作品は講師とチャットやメールでやりとりをすることで共有を行います。
兄弟でのご参加、お友達同士のご参加もOK。
オンラインであっても、対面型の教室と同じように学ぶことができます。

  • 費用 無料
  • 時間 60
  • 人数 11
  • 場所 全国可
無料体験申込みはコチラから

受講に必要な機材

通信用デジタル端末

インターネット・カメラ機能のある端末1台

インターネット・カメラ機能のある端末
描画用デジタル端末

タブレット&タッチペン

タブレット&タッチペン
紙とペン
でも
参加OK!

現役のクリエイターが教えます!

  • 久遠
    久遠
    Kudou
  • 結城
    結城
    Yuki
  • すぴか
    すぴか
    Supika
  • 茉莉絵
    茉莉絵
    Marie
iPad・Apple Pencil
初月無料レンタル実施中!
無料体験申込みはコチラから

関連記事

レッスンブログ

【生徒作品の紹介】3つの島がエレベーターでつながっている不思議な島

今回はアタムアカデミーの璃沢ゆと先生の2022年6月・7月の授業のイラストレッスン「理想の島を作ろう!」で、Aさんが制作した作品をご紹介します。 このカリキュラムでは、「理想の島」をテーマにオリジナルのコンセプトアートに挑戦します。コンセプトアートではただ単に好きなものを集めるだけではなく、理想の島…

璃沢ゆと 璃沢ゆと先生

レッスンブログ

【生徒作品の紹介】猫のオリジナルキャラクターのスマホケース

今回はアタムアカデミーのあゆ先生の2023年6月・7月の授業のイラストレッスン「オリジナルグッズの販売体験をしよう」で、Mさんが制作した作品をご紹介します。 このカリキュラムでは、好きなグッズを決めてから、デザインのテーマを決めてオリジナルグッズをデザインします。ロゴの制作やレイアウトなどを考えて、…

あゆ あゆ先生

レッスンブログ

【生徒作品の紹介】猫のキャラクターをテーマにした四季のカレンダー

今回はアタムアカデミーのあゆ先生の2023年2月・3月の授業のイラストレッスン「カレンダーを作ろう」で、Sさんが制作した作品をご紹介します。 このカリキュラムでは、好きなグッズを決めてから、デザインのテーマを決めてオリジナルグッズをデザインします。ロゴの制作やレイアウトなどを考えて、オリジナルグッズ…

あゆ あゆ先生
遷移する 記事一覧に戻る