ATAMブログ

2022.07.13

Sさんの作品(担当:しの先生) - オンラインイラスト教室|ATAM ACADEMY

5月授業 「身の回りのものをデザインしよう!」パーソナルコース Sさん

Sさんレッスン担当講師のしのです。

今回は5月授業 「身の回りのものをデザインしよう!」で制作した
作品をご紹介します。

 

前回のレッスン

パーソナルコースのSさんは、個別に課題とは違うことをする日があります。
その日は、たまたま頭身法の話をしていました。

頭を基準に常にバランスを意識して描いたり、数字で図るような方法で、
体のバランスを伝えていました。

たまたま、また5月の課題で、また人体を描く機会があったので、
頭身法が生かされるといいな、と思っていました。

 

キャラクター設定

5月の課題は、身の回りのもの、ノート・ポーチ・タオルハンカチのどれかに、
自分の描いたイラストやロゴがプリントされるというレアな課題

習いごとと社会が結びつくカリキュラムです✨

 

今回はとくにデザインの考えに近いので、イラストやロゴには設定が大切

Sさんの設定はこちら。
——————————
アイテム:ノート
テーマ:お絵かき用ノート
対象:じぶん、同年代
こだわりポイント:ピンク、ほし、果物
——————————

 

実際作業をすすめてもらうと、既存のキャラクターに似たものが描かれていました。

ここは心苦しくも、今回は「Sさんオリジナル」グッズを制作するべく、
改めて部分的に変えることを提案。

 

設定も微妙に変わってきたので、軸がブレないように、より具体的に見直しました。

 

レイアウト、変化

大体キャラクターのイメージがついたところから、
つぎは大枠のレイアウトに進みます。

 

レイアウトは後からも変更できますが、
大きさは解像度の問題があるので、最初から決めてとりかかります

 

大体の大きさを決めて、次回レッスンに進んだところで、
Sさんのオリジナルなキャラクターが出てきました。

これは本当に大きな進歩です✨

 

ある意味、固定概念がはずされたということなのですが、
描いているうちに開けることが多いですね!

 

それからはどんどんと筆が進み、
オリジナルのキャラクターが2体もできました!

女の子の洋服の柄まで描き込み、精度を上げています。

 

二人の中の良くて楽しそうな様子から
ふだんのSさんの楽しい日々が伝わってきますね😀✨

 

シミュレーション、比較

また、Sさんの制作したイラストを、ノートに置いてみてシミュレーションしました。

ノートの地の色から、色の見え方も変わりますね。

 

ほかのグッズへ展開を考える

さらに、もしこのSさんブランドが増えていったら。。

グッズにより印刷される絵の大きさ、ロゴの大きさや配置も変わってきます

必要な情報だけ伝えたいことをプリントしたいよね
とSさんにも比較してもらいました。

 

こういった実際にデザイナーが行うシミュレーション、レイアウト検討は時間がかかり、
なかなかグループレッスンの中ではやり切ることができません。パーソナルならではですね。

 

「もしSさんブランドができたら」「もしこうなったら」を想像して、
手に取る人、使う人のことを考える面白い課題でしたね✨😀

 

今回の課題で、さらにSさんの強みが把握できて、
より楽しいレッスンの組み立てができそうです!

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
Nさんの作品(担当:しの先生) 講師紹介 オンラインクラス

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP