ATAMブログ

2022.09.24

生徒のイラスト 起承転結を意識して4コマ漫画を制作〜擬音・漫符の表現にも挑戦!

12月の授業「オリジナルのマンガを描いてみよう!」グループレッスンSさん

アタムアカデミー講師のおおしまです。

今回は、12月のイラストレッスン「オリジナルのマンガを描いてみよう!
で制作したSさんの作品をご紹介します。

 

このカリキュラムでは、漫画家が使っている「マンガ表現」を学びました。

文章と同様、漫画の基本も起承転結です。
今回の漫画作りは起承転結を意識して描いていきました。

 

ポーズに合わせて表情・吹き出し・漫符を描く

 

まずはキャラクターの気持ちを表現できるように、表情と吹き出しのデザインを考えていきます。

キャラの気持ちに合わせて表情や吹き出しの形を変えることで、より強く感情を表現できます。

 

Sさんは「考える」吹き出しを使い、内側で言葉を発しているキャラクターを表現しました。

ここで、表情の他にも漫画表現で使う記号「漫符」を教えたところ、
Sさんは最後に汗の記号を顔につけて、焦りの表情を作りました。

 

4コマ漫画を描く

 

吹き出しと表情の練習をしたら、漫画制作スタート!

今回は4コマ漫画を制作しました。
未完成の状態の漫画テンプレートを使い、話の続きを作ります。

カラー漫画で作ってもいいよ!とお伝えしたので、Sさんは色付きの漫画を作っていきました。

 

擬音の表現

 

漫画表現で「擬音」があります。
擬音は、場面に合わせて実在の音に似せた文字を入れます。

物が出している音、人間が動いてる音などを参考に、
Sさんは「花火の爆発」「手を出す動き」「吐き出す」などの場面に擬音を追加しました。

よりわかりやすくなりましたね!

 

漫画の色々な魅せ方

漫画のコマ1つ1つには、吹き出し、表情、擬音、漫符を使って様々な動きや様子を表現しています。
他にも色々なテクニックがありますが、Sさんは今回教わった漫画表現を上手に使って面白い4コマ漫画が作れました!

これを応用して、面白い漫画がたくさん作れるといいですね!

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
生徒のイラスト 「はにわ」のオリジナルキャラクターでフルカラー漫画を制作! 
生徒のイラスト アバターデザインの経験を活かしてオグロメジロザメのポスター制作!
生徒のイラスト お城&たくさんの動物たちと暮らせる島でコンセプトアート!

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスンへ受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP