まずは無料体験レッスン 電話 LINE
講師インタビュー

講師インタビュー こはる先生

講師インタビュー こはる先生 こはる先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。

小学校に上がる前からお絵描きは好きだったようですが、アートに興味を持ったのは家族の影響が大きいです。家族が漫画を読むのが好きだったので、私も幼いころからよく漫画を借りて一緒に読んでいました。内容がよくわからないような難しい漫画でも、イラストを見たり描いたりして楽しんでいた記憶があります。

小学校くらいになると友達がイラストを「上手だね!」とほめてくれることがあり、これがすごくうれしかったです。家族以外のひとにほめてもらうと自分の自信につながり、もっと絵が描きたいな、描くのがうまくなりたいなと思うようになりました

小中学生の頃は、イラストを描くのが好きで休み時間はほとんど絵をかいていました。デジタルでイラストを描き始めたのは高校生のときでした。当時は小さめのタブレットに指で描いていたのですが、デジタルだと表現できることが増えた気がして、イラストを描くことがさらに好きになりました。

高校の漫画研究部で部誌をつくったり、まわりの友達のイラストを見ているなかで、もっと絵がうまくなりたい!という思いが膨らんででいき、専門学校に進学することを決めました。専門学校では、キャラクターデザインやカットイラストを制作したり、実際にコンペティションに応募したり、実際に自分のイラストを入稿してグッズやイラスト本をつくるなど、基礎的な知識から実践的なカリキュラムまで幅広く学ぶことができました。

創作をする上でのテーマを教えてください。

イラストを描くときに大切にしているのは、「自分が見てかわいい、素敵だと思えるか」です。作品を見てくれた方に「かわいい」とか「素敵」だと思ってもらうには、まず自分がその作品を魅力的だと感じられなければいけないと思っています。

イラストは自分の好きなものを表現できる場所です。しかしそれを見た人全員に「好き」だと思ってもらえるかはわかりません。なので、「このイラストはここがうまくいった」「ここにこだわって描いた」「この色が一番好き!」など、まず自分の中で好きになれる部分や自信をもてる部分を増やすことに努めています。

どうすればもっと良いものになるか、自分が好きだと思うものはなんなのかを考えながら、パーツやバランスの修正をくりかえして少しでも自分の理想に近づけるように制作しています。

最近描いた作品の解説をお願いします。

これは、年賀状イラストとして制作した作品です。アイディアを出す段階では、「うさぎ年」「新年」というテーマを決めてからさまざまなキーワードを考えました。たとえば新年からは「明るい、紅白のカラー、書初め、着物」などです。こんなふうに簡単な連想ゲームのようなかたちで単語をならべていくと、デザインのヒントになるのでおすすめです。

色塗りはパーツごとにレイヤーをこまかく分けておくとあとで影を塗るのが楽になります。光の当たり方を意識しつつ塗っていき、影の一番濃い部分や奥になる部分にうっすらと青っぽい色をのせます。この表現で絵の単調さを減らしたり遠近感を表現しました

背景にはうさぎと日の丸構図を意識して満月を描きました。テクスチャを使って和紙のような質感をイメージしています。最後に全体の色味や明暗を調整しつつ、書初めをイメージした筆文字を追加して完成です。全体的に明るく新年らしいイラストに仕上げました。

関連記事

講師インタビュー

講師インタビュー 仁平春希先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。 幼いころから、美術館や体験教室、観劇に連れて行ってもらったのが、私のアートに興味を持つきっかけでした。職人である父の作業を見ていたことで、影響も受けたかもしれません。 もうひとつのきっかけは、保育園の先生や家族が私の絵を褒めてくれたり、地域の公民…

仁平春希 仁平春希先生

講師インタビュー

講師インタビュー 砂森先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。 物心ついた時から鉛筆で絵を描くことが好きでしたが、母親が絵画教室に通わせてくれたおかげでさらにアートに興味を持つことができました。初めて絵の具を使って描いた大きな桜の木の絵を、今でも覚えています。 そのおかげで何度か絵画コンクールで賞を取ることも…

砂森 砂森先生

講師インタビュー

講師インタビュー ちたた先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。 アートに興味をもったきっかけは、小学生を対象とした市の絵画コンクールで最優秀賞を受賞したことです。そこから絵に興味を持ちました。 小中学生くらいの頃は、近所の子供向けの絵画教室に通っていて、そこで主に動物や植物の絵を描いていました。水彩、デッサン…

ちたた ちたた先生
遷移する 記事一覧に戻る

無料体験レッスン

ATAM ACADEMYの
カリキュラムを体験できる
オンライン無料体験レッスンを毎週開催
写真:タブレットで子供がイラスをと書いている

オンラインコースでは、PCで講師とビデオ通話をしながら授業を進行していきます。iPadに必要なソフトをインストールし、apple pencilを使って授業を行っています。課題や制作した作品は講師とチャットやメールでやりとりをすることで共有を行います。
兄弟でのご参加、お友達同士のご参加もOK。
オンラインであっても、対面型の教室と同じように学ぶことができます。

  • 費用 無料
  • 時間 60
  • 人数 11
  • 場所 全国可
無料体験申込みはコチラから

受講に必要な機材

通信用デジタル端末

インターネット・カメラ機能のある端末1台

インターネット・カメラ機能のある端末
描画用デジタル端末

タブレット&タッチペン

タブレット&タッチペン
紙とペン
でも
参加OK!

現役のクリエイターが教えます!

  • すぴか
    すぴか
    Supika
  • 水卜
    水卜
    Miura
  • 久遠
    久遠
    Kudou
  • 茉莉絵
    茉莉絵
    Marie
iPad・Apple Pencil
初月無料レンタル実施中!
無料体験申込みはコチラから