まずは無料体験レッスン 電話 LINE
講師インタビュー

講師インタビュー ちたた先生

講師インタビュー ちたた先生 ちたた先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。

アートに興味をもったきっかけは、小学生を対象とした市の絵画コンクールで最優秀賞を受賞したことです。そこから絵に興味を持ちました。

小中学生くらいの頃は、近所の子供向けの絵画教室に通っていて、そこで主に動物や植物の絵を描いていました。水彩、デッサンなど、基本的にはアナログ画材を使っていました。

そこから、高校生で初めてペンタブを買ってもらいパソコンでデジタルで絵を描くようになり、そこからはアニメやゲームなどのキャラクターイラストを描くことが多くなりました。

高校を卒業してからは、雑貨や家具などのデザイン専門学校に進学、卒業後はイラストとは関係のない職業に従事するなど、イラストとは無縁の日を過ごしていました。

しかし、あるイラストレーターさんの作品をたまたま目にする機会があり、あまりの上手さに衝撃を受けました。そこから自分もこんな絵を描けるようになりたいと思い、キャラクターイラストをまた描くようになりました。

現在は友人と共に展示会などを開いたり、Vtuberや歌い手などの方から依頼をいただきイラストを描いています。

創作をする上でのテーマを教えてください。

私は、第一印象で何かを感じてもらえるイラストが好きです。そのため、言葉を必要とせず、見る人が直感的に「いいね」と感じる絵を描くことを目指しています。​​特に、絵を描く人たちだけでなく、絵に馴染みのない人も共感や感動ができるようなイラストを心がけています。

例えば、ファンアートでは、キャラクターを知らない人にも魅力的に感じてもらいたいと思って描いています。全員が同じ知識を持っているわけではないので、分かりやすいメッセージや感情を伝えることが大切です。イラストが「かわいい」という感情を伝えるように、描き手の意図を表現することに注力しています。

そのためには、デッサン力は欠かせないと考え、ドローイングやデッサンの練習を定期的に行っています。雑に描かれた部分でも、デッサン力があれば意図がしっかり伝わり、説得力が生まれるという信念を持っています。

ドローイングやデッサンは基本中の基本ですが、スポーツや勉強と同じように基本が一番重要だと考えています。将来も継続的な努力と成長を重ね、いいねと思ってもらえるようなイラストを追求していきます。

最近描いた作品の解説をお願いします。

先日、立ち絵を描いてみたいと、ふと思い描いてみました。柔らかいイラストに仕上げたく、ブラシはシャープペンを線画に影は一種類のブラシを使用しています。

特にこだわったところは、服の質感です、リアルな印象にしたいと思いシワにこだわり、服の柔らかさを表現しました。

描き方も少しこだわっていて、まず、下書きを描きシャーペンブラシで線画を描き、バケツツールで色を乗せていきます。そこにブラシで服のしわや影を描いていきました。筆圧で濃さが変わるスプレーブラシは陰影をつけるにはピッタリです。

最後にキャラクターの周りの線のみを太くし印象を強くしている点も見てほしいポイントです。

関連記事

講師インタビュー

講師インタビュー 仁平春希先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。 幼いころから、美術館や体験教室、観劇に連れて行ってもらったのが、私のアートに興味を持つきっかけでした。職人である父の作業を見ていたことで、影響も受けたかもしれません。 もうひとつのきっかけは、保育園の先生や家族が私の絵を褒めてくれたり、地域の公民…

仁平春希 仁平春希先生

講師インタビュー

講師インタビュー 砂森先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。 物心ついた時から鉛筆で絵を描くことが好きでしたが、母親が絵画教室に通わせてくれたおかげでさらにアートに興味を持つことができました。初めて絵の具を使って描いた大きな桜の木の絵を、今でも覚えています。 そのおかげで何度か絵画コンクールで賞を取ることも…

砂森 砂森先生

講師インタビュー

講師インタビュー こはる先生

アートに興味を持ったきっかけと経歴を教えてください。 小学校に上がる前からお絵描きは好きだったようですが、アートに興味を持ったのは家族の影響が大きいです。家族が漫画を読むのが好きだったので、私も幼いころからよく漫画を借りて一緒に読んでいました。内容がよくわからないような難しい漫画でも、イラストを見た…

こはる こはる先生
遷移する 記事一覧に戻る

無料体験レッスン

ATAM ACADEMYの
カリキュラムを体験できる
オンライン無料体験レッスンを毎週開催
写真:タブレットで子供がイラスをと書いている

オンラインコースでは、PCで講師とビデオ通話をしながら授業を進行していきます。iPadに必要なソフトをインストールし、apple pencilを使って授業を行っています。課題や制作した作品は講師とチャットやメールでやりとりをすることで共有を行います。
兄弟でのご参加、お友達同士のご参加もOK。
オンラインであっても、対面型の教室と同じように学ぶことができます。

  • 費用 無料
  • 時間 60
  • 人数 11
  • 場所 全国可
無料体験申込みはコチラから

受講に必要な機材

通信用デジタル端末

インターネット・カメラ機能のある端末1台

インターネット・カメラ機能のある端末
描画用デジタル端末

タブレット&タッチペン

タブレット&タッチペン
紙とペン
でも
参加OK!

現役のクリエイターが教えます!

  • すぴか
    すぴか
    Supika
  • 水卜
    水卜
    Miura
  • 久遠
    久遠
    Kudou
  • 茉莉絵
    茉莉絵
    Marie
iPad・Apple Pencil
初月無料レンタル実施中!
無料体験申込みはコチラから