まずは無料体験レッスン 電話 LINE
イラストノウハウ

【スケッチブック】ブラシツールの基本的な使い方・カスタム 設定・整頓の方法

今回は、スケッチブックのブラシツールの基本的な使い方、カスタム設定やブラシライブラリの整頓方法を解説するよ。

スケッチブックにはもともとたくさんのブラシが入っているけど、カスタム設定を使えば自分がもっと使いやすいようにカスタムすることができるんだ。

スケッチブックの基本ブラシの使い方

デジタルイラストを描く上で欠かせないブラシツール。
スケッチブックだと、技術的なペン、万年筆、エアブラシ、ぼかしペン、グローブラシをよく使うイラストレーターも多いから、まずは、基本ブラシの使い方や設定方法について解説していくよ!

スケッチブックの技術的なペンの使い方

スケッチブックの技術的なペンはペン先が細いため、細かな部分や細いラインをうまく描くことができるペンだよ。
また、ペン先の角度や圧力で、線の太さも調整できるため、精密な線も描くことができるんだ。

技術的なペンの設定画面を開くときは、スケッチブックの画面左のブラシツールから「技術的なペン」を2回押してね

基本設定の画面では、技術的なペンのブラシの大きさや不透明度を変えることができるよ。

こまかい絵をかくときはサイズを小さくしたり、大きなはんいの色をぬるときはサイズを大きくしたりと、スケッチブックの技術的なペンをつかいこなしてみよう!

スケッチブックの技術的なペンの不透明度をかえると、透明な線や、色の薄い線を表現できるよ。

スケッチブックの万年筆の使い方

つぎに、スケッチブックの「万年筆」の設定をみていこう。

万年筆は、ペン先が柔らかく、書く力に応じて太さが変わるペンだよ。
自然なタッチが出せるため、手書きの字やイラストなど、自然なラインを描きたいときに向いているよ。

万年筆の設定画面でも、技術的なペンと同じように「基本設定」では、ブラシの大きさや濃さを選択できるよ。

それに加えて、万年筆は、詳細な設定で「筆圧」を調整できるんだ。
スケッチブック画面左側のブラシツールバーから、万年筆を選んだら、「設定」の中の「詳細」を押してね。

「筆圧」というのは、絵をかくときの「筆の力の強さ」のことをいうよ。

筆圧の設定を調整すると、力を込めて描いたときと、優しく描いたときの、ブラシの太さを変えることができるよ。

高筆圧時」というのは「強い力で描いたとき」、「低筆圧時」というのは「優しい力で描いたとき」のことだよ。

高筆圧時・低筆圧時でそれぞれ、ブラシの太さ・ブラシの濃さを調整できるから、好きな大きさや濃さ、力加減をためして、万年筆をつかいこなしてね!
「詳細」の設定も、初期設定に戻したくなったら「リセット」を押すと最初に戻るよ。

スケッチブックのエアブラシの使い方

次に、みんなもよく使う「エアブラシ」の使い方について説明するよ。

エアブラシペンは、ふわっとやわらかく色をのせることができるブラシだよ。
細かい部分や質感を表現するのに便利なんだ。

ペン先を柔らかく設定すれば、グラデーションを表現したり、光を表現することもできるよ

この女の子のイラストに、エアブラシペンを使って、グラデーションを入れたり、光を描いたりしてみよう。

エアブラシで髪の毛先のグラデーションを表現する

まずは、女の子の髪の毛にエアブラシを使ってグラデーションをつけてみよう。

エアブラシペンを使うときは、ペンの大きさは思ったよりも大きくするのがオススメだよ。

毛先のグラデーションが、きれいにつくれたね!

エアブラシで光の表現を入れる

つぎに、女の子のイラストにエアブラシを使って光の表現を入れるよ。

新しいレイヤーを作って、女の子の顔の周りにエアブラシで光の色を入れていこう。

ブレンドモードのメニューの中から、光のような効果のつけられる「レイヤーモード」をいくつかためしてみよう!

ブレンドモードの「スクリーン」「グロー」「ソフトグロー」は、光を表現するときに、とくに便利なレイヤーモードだよ。

今回は「ソフトグロー」を選んだから、不透明度を調整して自然な光の強さを表現しよう。

これで、エアブラシを使って光が表現できたね!
みんなもグラデーションを作ったり、光が当たっている表現をしたいときは、エアブラシペンを使ってみよう。

スケッチブックのぼかしペンの使い方

基本的なぼかしペンの使い方

ぼかしペンは、その名の通りぼかすペン!
このペンは、色を選んでもなにも描けないペンで、ぼかすことだけできるペンだと覚えておこうね!

ぼかしペンを使いたいときは、画面左側の赤枠部分のペンをタップしてね。

このハートの図形を、ぼかしペンを使ってぼかしてみるよ。

ぼかしペンでハートをなぞってみると、こんなかんじに境目がぼんやりとしたね!

ぼかしペンのフローと強さの設定

スケッチブックのぼかしペンをもう一度タップして、ぼかしペンの設定画面を開いてみよう。

ぼかしペンの設定画面の中の「フロー」と「強さ」を変えていこう。

フローの設定を強くすると、波や風に流されているような表現ができるんだ

ぼかしツールの強さの設定を強くすると、境目がなくなるようなぼかし方ができるよ。

ぼかしペンを使った表現

ぼかしペンを使うと、こんな空の表現もできるようになるよ!

スケッチブックのグローブラシの使い方

ここからは、グローブラシの使い方を説明するね!
グローブラシは、描いたところが光っているように見えるブラシだよ!

まず、どのブラシでも良いからタップして、ブラシのライブラリを表示させよう。

どんどん下にスクロールしていくと、グローブラシのコーナーが出てくるよ。

今回はこの中から「グロー(ブラシ)」と、「グロー(ネオン)」を紹介するね。

グロー(ブラシ)の使い方

「グロー(ブラシ)」を使うと、なぞった色に光沢が出て、蛍光色みたいになるよ。

グロー(ネオン)の使い方

「グロー(ネオン)」を使うと、さらに光がふえて、にじんだようになるんだ。
町の中のネオンを表現するときにこのブラシは使えるよ!

グローブラシを使った表現

グローブラシを使って夜の町を描いてみたよ🌃

ビルのあかり、街のネオンがもれているふんいき、月や星にもピッタリだから、キラキラさせたいところに使うとこうかてきだね✨

みんなもぜひ、グローブラシでステキなふうけいを描いてみてね!

スケッチブックでブラシをカスタムする方法

今までは基本ブラシをそのまま使っていたけど、ここからは、スケッチブックの「技術的なペン」を例に、ブラシをカスタムする方法を説明していくね。

ペンを選択すると、上の図のようにペンの設定画面が出てくるから、「設定」というところが選択されているか確認してね。

ブラシの大きさや不透明度を変える

ペン設定画面の中の、「基本」というところが選択されているかみてみよう。

「基本」の中にある「サイズ」と書かれたカーソルは、左右に動かすことでペンの大きさを変えることができるよ。

その下にある「不透明度」は、カーソルを左右に動かすと、ペンの濃さを変えることができるよ。

ブラシの筆圧を調整する

それじゃあつぎは、「基本」の横にある「詳細」をみてみよう。

設定画面の中の「筆圧」と書かれた部分を見てみると、いくつか項目があるね。

「高筆圧時のサイズ」の数値を変更すると、力強く描いたときの線の太さがちょうせつできるよ。

「低筆圧時のサイズ」を変えると、弱く描いたときの線の太さがちょうせつできるよ。

「高筆圧時の不透明度」の数値を変えると、ちから強く描いたときの線の「不透明度」がちょうせつできるよ。

「低筆圧時の不透明度」の数値を変えると、弱く描いたときの線の「不透明度」がちょうせつできるよ。

こんなかんじで、「筆圧」では「描いたときの強さで、ペンの太さや濃さを変える」という設定ができるんだ。

ブラシをスタンプ設定する

ペン「設定」の中の、「スタンプ」という部分を次はみてみよう。

「スタンプ」設定では、ペンをスタンプを押したかのように描く設定ができるんだ。

スタンプ間隔」では、ペンをスタンプのようなポツポツとした描き方に変えられるよ。

真円度」では、そのポツポツの形をだ円に変えることができて、「回転」ではだ円の角度を変えることができるよ。

ブラシ先端の硬さやを質感を変える

それじゃあ次は、スケッチブックのブラシの「先端」の設定をみてみよう。

ブラシの「硬さ」の変化は、描いた線のフチを見てみると、違いがよくわかるよ。

ブラシの「形状」と「テクスチャ」では、ペンに質感や模様をつけられるよ。

ブラシのランダム性を調整して形状を変える

ペン「設定」の中の、「ランダム性」という部分も見てみよう。

「ランダム性」では上の例のようにに、規則的ではない描き方を設定することができるよ。

ブラシにブレンドモード効果を付ける

それじゃあ、いったん上にもどって、赤いやじるしの部分を見てみよう。

「ブラシタイプ」では上の図のように、レイヤーのブレンドモードのように、ペン自体に効果をつけることができるんだ。

ブラシの設定をすべてリセットする

いろいろペン設定をいじってみたけど、やっぱり一番最初の設定に戻したくなったら、ペン設定の1番下の「リセット」ボタンをおしてね。

まちがえてリセットボタンをおしちゃうと、せっていした数字がもとに戻らなくなるので注意してね!

好みの設定にできたら、リセットせずにそのまま描きはじめてみよう!

スケッチブックのブラシライブラリの整頓する方法

ここからは、ブラシライブラリの整理の仕方を教えるね。

ブラシをつかってるうちに、左がわのペンツールにペンがふえたりしたことはないかな?

スケッチブックでは、ペンツールにいらないペンやブラシがあったら、ライブラリーに戻したり出したりできるよ。

ブラシをペンツールに移動させる

ブラシをライブラリにもどす

上の図のように、移動したいペンをタッチしながらペンツールの上に移動させたり、ペンツールからブラシライブラリに移動してみてね。

楽しみながらイラストスキルを身につけられるアタムアカデミーを体験してみませんか?

美大出身者や社会で活躍するプロのクリエイターが、子供が夢中になるような楽しいレッスンを行います。
アートの楽しさを感じながら、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

アタムアカデミーのオンラインクラスでは、プロのイラストレーターからイラストスキルをオンラインで学べます。

無料体験レッスンもあるので、ぜひ参加してくださいね♪

プロイラストレーターとのマンツーマンレッスンを無料で体験!
 
知りたいことはLINEで気軽に聞いちゃおう!

関連記事

背景

デジタルイラスト初心者必見!シンプルな風景描く方法!

皆さんは背景を描くことにハードルを感じたことはありますか?キャラは描けるけど、風景も描いていきたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。 今回はそんな方に、背景に関する知識を解説しつつ、簡単な背景の描き方もご紹介していきたいと思います! そもそも背景は必要? 最近のイラストをみていると、背景が…

色塗り

初心者も簡単!透明感のある肌の塗り方

キャラクターにとって肌の色は大事。どうすれば透明感が出るのだろう、と悩んでいる人は多いと思います。 今回は、基本的な肌の塗り方も紹介しつつ、透明感を出す方法をお伝えしていきます!基本的な塗り方と透明感がでる塗り方の違いを比較しながら学んでいきましょう! 基本の肌の塗りの工程 まずは基本的な肌の塗りの…

人物

初心者も簡単!棒立ちポーズから動きのあるポーズにする方法

皆さんは、完成したイラストをみた際、何か物足りないような気がすることはありませんか? その原因は、「固まったポーズ」にあるかもしれません。動きのあるポーズの効果と描き方を学んで、より印象的なイラストを目指しましょう! 動きのあるポーズのメリット 動きのあるポーズを描く最大のメリットは、印象に残るイラ…

遷移する 記事一覧に戻る

無料体験レッスン

ATAM ACADEMYの
カリキュラムを体験できる
オンライン無料体験レッスンを毎週開催
写真:タブレットで子供がイラスをと書いている

オンラインコースでは、PCで講師とビデオ通話をしながら授業を進行していきます。iPadに必要なソフトをインストールし、apple pencilを使って授業を行っています。課題や制作した作品は講師とチャットやメールでやりとりをすることで共有を行います。
兄弟でのご参加、お友達同士のご参加もOK。
オンラインであっても、対面型の教室と同じように学ぶことができます。

  • 費用 無料
  • 時間 60
  • 人数 11
  • 場所 全国可
無料体験申込みはコチラから

受講に必要な機材

通信用デジタル端末

インターネット・カメラ機能のある端末1台

インターネット・カメラ機能のある端末
描画用デジタル端末

タブレット&タッチペン

タブレット&タッチペン
紙とペン
でも
参加OK!

現役のクリエイターが教えます!

  • 水卜
    水卜
    Miura
  • すぴか
    すぴか
    Supika
  • 茉莉絵
    茉莉絵
    Marie
iPad・Apple Pencil
初月無料レンタル実施中!
無料体験申込みはコチラから