ATAMブログ

2022.01.31

ブレンドモードで影と光の付け方 - イラストアプリ ibispaint編

今日はibispaintの「ブレンドモード機能(きのう)」をつかった
影と光の付け方(かげとひかりのつけかた)をおはなしするよ!

 

下準備(したじゅんび)

 

まずは、影と光がついていない絵をじゅんびして…

(☆このイラストのぬりかたは、画像コラージュのやり方 ibispaint編をみてね☆)

 

レイヤーメニューの中にある□に+がついたマークを選択(せんたく)して、

レイヤーの複製(ふくせい)をえらんで、

不透明度(ふとうめいど)をロックをオンにしよう!

 

そうすると、こんなかんじに、絵をはみ出さずにぬりつぶせるよ!
(ぬりつぶす色は好きな色でいいよ)

 

これをもう一回、くりかえして
2つのぬりつぶしレイヤーをつくっておいてね。

 

ブレンドモードを使おう!

 

準備ができたら、レイヤーメニューの右下にある白いボタンから、
「乗算(じょうざん)」をえらんでみよう!

もうひとつのぬりつぶしレイヤーには、「スクリーン」を割り当てて(わりあてて)あげてね。

※乗算=暗くかさなる
※スクリーン=明るくかさなる

 

光と影を描いていこう!

ここまでできたら、
「乗算」レイヤーと「スクリーン」レイヤーを、消しゴムで消してみよう。

「スクリーン」レイヤーの消したところは、影に、
「乗算」レイヤーの消したところは、光にになるよ。

かんたんに光と影がつけられるよ!

 

この絵のそれぞれのレイヤーでつかった色は、
イラスト右上の3つの丸(スクリーン・乗算・内髪カゲ)をさんこうにしてね!

 

ここでは、かみの毛の内側(うちがわ)の暗さが、すこーし足りない気がしたから、
さっきの2つのレイヤーの他に、「内髪カゲ」とかいてある青色を、
「乗算モード(じょうざんもーど)」で
、足してみたよ。

 

これで、ちゃんと光と影がついたね!

 

応用テクニック

これだけでも、じゅうぶんいい感じになるけれど、
「ブレンドモードで影つけ」ならではのおもしろい使い方をちょっとだけ紹介(しょうかい)するよ!

 

いままで描いてきた影と光の色を、「不透明度(ふとうめいど)をロック」で、
ほかの色に変えてみよう!

 


左上が、光の色をかえたもの、
右下が、影の色をかえたものだよ。

 

どちらかの色を変えるだけで、色の印象(いんしょう)を変えることができるんだ!

「あさ・ひる・ゆうがた・よる」や、「うみの中」「もりの中」などの、
いろいろな環境(かんきょう)のイメージにすることがかんたんにできるから、おすすめだよ!

 

いろんな色とブレンドモードをためしてみてね!

それじゃあ、またね〜☆
 

この記事も読んでみてね
レイヤーの使い方 レイヤーって何?編
消しゴムの代用テクニック ブラシの透明色を使う方法 ibispaint編

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP