ATAMブログ

2022.02.03

指先ツールの使い方 - イラストアプリ ibispaint編

今回は、ibispaintの「指先(ゆびさき)ツールの使い方」をまなんでいくよ。

 

紙にえんぴつで文字やイラストを描いたことはあるかな?

その時に、ぼやけたり、にじんだり、のびたりするんだけど、
アイビスペイントの「指先ツール」はそれに近い表現(ひょうげん)ができるよ。

 

「指先ツール」をつかってみる

「指先ツール」は、がめん左のメニューバーにあるよ。
指のマークをタップしてみよう。

 

「指先ツール」をつかうときは、何かイラストを描いてから、つかってみよう!

たとえば、がぞうのように、
描いた星のはしの方をやじるしの方に、こまかくなぞってみると…

 

こんなふうに、ジグザグにぼやけた感じになるよ。

「ぼかしツール」にも、にているけど、
「指先ツール」のいいところは、色がのびて、すぐにぼけにくいところなんだ。

 

オススメのつかいかた

じゃあ、どこで使うのがオススメなのか紹介(しょうかい)するね。

 

たとえば、このシロクマのイラスト。
ここに「指先ツール」で、ひと手間(てま)くわえてみよう!

 

さっき、おはなししたとおり、
イラストのはしをくるくるとこするようになぞってみるよ。

 

そうすると、こんなふうに
毛並み(けなみ)が、ふわふわしたように描けたよ。

 

ちょっとしたちがいだけと、
ふわふわした動物の毛並みや、素材(そざい)のかんじを出すのにべんりだよ。

 

ほかにも、やり方によって、いろいろなつかい方ができるから、
みんなも「指先ツール」をためしてみてね!

それじゃあ、またね〜☆
 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP