ATAMブログ

2022.05.06

イラストアプリsketchbookとibispaintの比較

アタムアカデミーではお絵描きアプリとして、
sketchbook と ibispaint をつかってる生徒(せいと)さんがおおいよ。

もちろん、そのほかのアプリでも大丈夫だよ!

 

今回は、sketchbook と ibispaint のちがいをせつめいするよ。
まずはさいしょの画面(がめん)のちがいを見てみよう。

 

キャンバスのせってい

 

■ sketchbookの場合ー

*よことたてをピクセル(単位=たんい)でせっていできる。
きまった比率(ひりつ)でせっていできる。

 

□ ibispaintの場合ー

*ピクセル(単位)もせっていできるけど、cmやmmもせっていできる。
*そのほか、LINEやハガキサイズなどに合うサイズをせっていできる。
解像度(かいぞうど)も自分でせっていできる。

 

シートのせってい

 

■ sketchbookの場合ー

レイヤーが縦(たて)にならんでいて、いちどに見れる。
*ペンツールのちかくで大きさ、色のこさをかえられる。
ペンの種類(しゅるい)がペンのイラストになっていて、見やすい。

 

□ ibispaintの場合ー

かくれた場所にいろんな機能(きのう)がはいっている。
*レイヤーのまいすうは無限(むげん)
*広告(こうこく)がひょうじされる。
*ひだりがわのボックスに、ペンツールのほかにもたくさんのアイコンがある。

 

べんりな機能(きのう)など

 

■ sketchbookの場合ー

とにかくシンプルでみやすいんだ。
どの筆を選択(せんたく)したか、どんなふとさなのかすぐにわかるよ。

 

こった絵を描くときは、ibispaint やクリップスタジオというアプリもいいけど、
はじめは sketchbook がオススメだよ!

 

□ ibispaintの場合ー

さいきんついかされた特殊(とくしゅ)ペンはとってもべんり!
線をかきながら、色もぬれるんだ。

 

それから素材(そざい)もべんり!

キャラクターや描いた絵の背景(はいけい)がワンクリックでつくれるよ。

 

まだまだいろいろな機能(きのう)があるけど、
どちらも無料(むりょう)なので、ためしにつかってみてね!

じゃあまたね〜☆
 

この記事も読んでみてね
解像度(dpi)とは何か

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP