ATAMブログ

2022.06.20

効果的にツールを使った素材の描き分け(ガラス) - イラストアプリ ibispaint編

今回は、ibispaintで効果的(こうかてき)にツールをつかったガラスのかき方についておはなしするよ!

さっそくみてみよう〜

 

つかうツール

今回はつぎのツールをつかってかくよ。

・ブラシツール -Gペンハード
・ブラシツール -エアブラシ
・レイヤー -ブレンドモード・乗算(じょうさん)
・レイヤー -ブレンドモード・ソフトライト

 

コップを描こう!

まずは、コップのかたちをかくよ。

 

コップの口と底(そこ)がまるくなるようにかこう!

 

コップがかけたら、あたらしいレイヤーをつくって色をぬるよ。

 

今回は白でぬるので、背景(はいけい)の色をほかの色にかえておこう
コップの色が見やすくなるよ。

 

ガラスらしくしよう

まっしろなコップがガラスに見えるように、影(かげ)と光をかこう!

 

まずは、かげから。
白色をぬったレイヤーの「不透明度(ふとうめいど)ロック」をオンにするよ。

 

ブラシツールから、「エアブラシ」をえらんでね。

 

「エアブラシ」でコップの下のほうを、うすい灰色(はいいろ)でぬろう。

ふとうめいどロックをオンにしているから、
ブラシのサイズをおおきくしても、はみださずにぬることができるよ。

 

つぎに、色をぬったレイヤーの上に、あたらしくレイヤーをついかしてね。
ブレンドモードを「乗算(じょうさん)」にしよう。

 

コップの底(そこ)やふちに、はいいろでかげをつけよう。
線をなぞるようにぬってね。

 

さいごに、をかくよ。

かげのレイヤーの上にさらに、あたらしくレイヤーをついかしよう。
ブレンドモードは「ソフトライト」にするよ。

 

白やうすい水色など、明るい色をえらんで光をかこう。

Gペン(ハード)をつかって、たてむきに線をかくと、
かたそうなコップの光がかけるよ!

 

かげと光をかくことで、ガラスらしい色ぬりができたかな?
色のぬりかたで、そざいのちがいを表現(ひょうげん)できるといいよね。

それじゃあ、またね~☆
 

この記事も読んでみてね
効果的にツールを使った素材の描き分け(ガラス) sketchbook編

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP