ATAMブログ

2021.10.25

【動物の描き方】柴犬で犬の体描き方練習!イラストテンプレート付!

【テンプレートはこちら】https://atam-academy.com/materials/

 

前回は柴犬をモデルに犬の顔の描き方を紹介したから、今回はからだの描き方を説明していくよ。

 

犬のからだは、猫を説明したときと同じように「頭」「胴体(むね・おなか・腰)」「まえ足」「うしろ足」「しっぽ」とわけて考えると描きやすいよ。
さっそくやって行こう!

 

まず、柴犬をモデルに、猫と比べてみてみよう。

犬の特徴は、筋肉がしっかりついていて、猫に比べて立体感がある顔立ち直線的なからだ!
猫も同じ4つ足の動物で、猫は丸みのあるしなやかなからだだけど、犬は四角っぽくなっているよ。

 

 

〜横から見た犬の頭〜

まずは「頭」。前回紹介した「犬の顔」を参考にしてみてね。

犬の顔立ちの特徴は、猫に比べて鼻が長く(短い犬種もいるよ!)立体的なところ!
口も大きいよ。

 

「まえ足」と「うしろ足」を見てみよう。

 

足のパーツは猫と似ていて、「まえ足」「うしろ足」でそれぞれ違いがあるよ。

まえ足とうしろ足とで、
関節が曲がる向きと、パーツの長さの違いがポイントだよ。

 

それじゃあ、アタリをとるよ~。

「頭」から、首と背中を繋げるように、「むね」と「腰」の部分の丸をそれぞれ描こう。
柴犬の場合は猫よりも首をながめにとってあげてね。

 

胸のアタリを大きく、腰をスマートにしてあげてね。

 

肩からまえ足、こしからうしろ足をつなげるよ。
まえ足の肘部分までと、うしろ足の膝部分までを、胴体に重なるように描いてね。

 

かたちを描き込めたら、線を描いていこう!

 

ふかふかの毛並みを表現したいときは、線を繋げず細かくて短い線を描いてね。

首回り、おなか、しっぽ、このあたりのポイントだけ押さえてふかふかさせるだけでも、犬の毛並みが表現できるよ。

 

 

 

~【チャレンジ】座った犬を描いてみよう!~

まえ足で立って、おしりとうしろ足をぺたんとくっつけて座っている犬を描いてみよう!

頭から、立っているときよりも首を縦に伸ばそう。

 

少しだけ右下に胸と肩のアタリがとれたら、更に右下に腰のアタリをとってね。

 

うしろ足はくの字に折りたたまれていて、いつもは指だけで立っている状態だけど、
足のうら全体が地面にぺたんとくっついているよ。

 

足の折りたたみ方も猫に似ているけど、猫より背中が丸まらないように注意してね。

 

組み立てられたら、毛並みや顔を描き込んで、完成!

 

柴犬のように毛が短めな犬は、首と肩や、背中と足の境目のふくらみや毛の流れをちょっと描き加えてあげると、リアルな表現ができるよ。

 

組み立てられたら、毛並みや顔を描き込んで、完成!

 

 

犬が描けたかな?

 

形を意識して、パーツを組み立ててね。
犬の身体が上手に描けるイラストテンプレートを用意したから、アタムアカデミー公式サイトからダウンロードして、練習に使ってね!

今回、猫と犬を比べてみたけれど、ちょっと体の仕組みが似ている動物を比べてみると、違いがよくわかって、それぞれの動物の特徴が発見できるから、他の動物でもやってみてね!
四つ足の仲間の馬と牛や、同じ鳥同士の鶏とスズメなど、いろんな動物を比べて違いを発見出来たら、楽しみながらお絵かきできると思うよ!

次回は動物の描き方講座を応用して、「動物」をヒントにして、キャラクターデザインをやってみよう!
それじゃあ、またね~!

 

この記事も読んでみてね
犬のかきかたテンプレート

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP