ATAMブログ

2022.09.10

生徒のイラスト 空中の島と空飛ぶサメでコンセプトアート〜背景のイラストにも挑戦!

6・7月の授業「理想の島を作ろう!〜コンセプトアートに挑戦〜」グループコースNさん

アタムアカデミー講師のヨウです。

今回は、6・7月のイラストレッスン「理想の島を作ろう!〜コンセプトアートに挑戦〜
で制作したNさんの作品をご紹介します。

この授業では、自身の「好き」をたくさん詰め込めて理想の「島」をつくります。
そのうえで、さらに色々な要素を足して、その島での「暮らし」をデザインしていきました。

島づくりを通して、コンセプトアートのお仕事体験もできるカリキュラムです。

 

自分の興味や好きなものに向き合うアイデアだし

まずは今の自分の興味や描きたいもの、住みたい場所を書き出してもらいます。

その中のいくつかを組み合わせてテーマを作ってもらいました。

Nさんは最近興味がある生き物をテーマに「空中の島と空飛ぶサメ」を描くことに決めました。

 

島の設定、暮らしに必要なものを考える

次に、生き物、自然、建物や乗り物など、島の中にあるものについて細かい設定を作ってもらいます。

Nさんは「空中の島には大きなビルが2棟あって、そこから滑れる大きな滑り台や空の世界の海
について考えてくれました。

サメが上手に描けないと悩んでいたので、サメの画像を一緒に見ながらサメの特徴について考えました。

 

イラストとしての描写

 

Nさんは、まず自分で描くと決めたモチーフをキャンバスに並べてみました。

しかし、「空中にある島の上に建物や人が乗っている
という複雑な組み合わせの描写について、どう描けば表現できるのか悩んでいました。

キャラクターの足の下にまっすぐ地面を描くと、建物が空を飛んでいるように見えてしまいます。

 

お皿に乗っているパンケーキを例に見ながら、
一緒に地面に乗っているものの描き方について考えてみました。

Nさんは自分で何度も描き直しながら、自分の納得いく見た目になるまで頑張ってくれていました。

 

完成!

 

こちらが完成したイラストです。

地面や建物、キャラクター、全部をこだわって描くことができました。

Nさんは今まで背景のない人の絵を多く描いていたので、
背景まで完成した自分のイラストを見て成長を実感
したそうです。

Nさんはアタムに入ってまだ2個目のカリキュラムですが、どんどん技術や感性を磨いているのがわかります。
次のカリキュラムも一緒に頑張りましょう!

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
生徒のイラスト お菓子×パステルカラー!島のもの全てがお菓子の「snack島」
生徒のイラスト 恐竜の住む島でコンセプトアート〜遠近感の表現にもチャレンジ!
生徒のイラスト ファンタジーあふれる生き物と四季のある島でコンセプトアート!

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスンへ受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP