ATAMブログ

2022.04.21

簡単にできるアニメ塗りの方法 - イラストアプリ ibispaint編

今回は、イラストアプリibispaintでアニメ塗りの方法をやっていくよ。
さっそくあたらしいシートをひらこう!

 

線でぜんたいを描く

まずは黒い線でイラストを描くよ。かみの毛や服のしわも入れていこう。
したがきをしてから、ほかのレイヤーに本番を描くときれいに描けるよ。

 

「バケツツール」で色をぬったときに、色が線の外にもれないように、
線はしっかりとつなげて描こうね

 

レイヤー分けで色ぬり

かみの毛や服(ふく)、肌(はだ)とかは、
それぞれパーツにごとにレイヤーに分けて色を塗ろうね。

めんどうかもしれないけど
あとで修正するときや色塗りするときに楽になるんだ。

 

「レイヤー名の変更」でレイヤーになまえをつけると見つけやすいよ。

 

1(いち)かげをぬろう

ベースの色が塗れたら、次はかげをつけていくよ。

光の方向(ほうこう)をいしきして、かげを描いていこう。
アニメでは、さいしょに描くかげは1(いち)かげというよ。

 

ぜんたいのながれを大きく描いてみてね。

とくに首やかみの毛など、出っぱっているところは
「ふくらんで大きく描く」など、メリハリをつけて描こう

 

かげは暗い(くらい)ものだから、これから少し手を加えるよ。

 

ぜんたい的にかげの色をなじませるために、ブレンドモードを使うよ。
乗算」や「焼き込みリニア」にしてみてね。一気に影がなじんだね。

 

2(に)かげをぬろう

2(に)かげは、さらに濃い(こい)かげのことだよ。

 

おくゆきが出て、りったいてきに見えてきたね。

 

ふかみやハイライト

つぎは、奥ゆき(よりおくにある)を出すために、
暗い色のぼかしかみの毛のハイライトを入れていこう。

髪のレイヤーの上にあたらしいレイヤーをつくって、クリッピングするよ。
そうすると髪のところだけに、いろをつけたりぼかしたりできるんだ。

 

髪のハイライトはダイヤのような形にエアスプレーを使って、
ぬってみたり消したりするとアニメっぽくなるね!

 

さらにもう少し、色をたしてみよう!

 

こんどは髪のパーツをコピーして、フィルターでグラデーションにして…

 

髪のグラデーションのとうめいどを下げたら、こんな感じになったよ。
目のかがやきやハイライトを入れたら、できあがり!

 

みんなも全体のバランスをみながら、
「どんな状況(じょうきょう)かな」ていうのを想像(そうぞう)して描いてみてね!

じゃあね〜
 

この記事も読んでみてね
ブレンドモードで影と光の付け方 - イラストアプリ ibispaint編

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP