ATAMブログ

2023.03.13

星空の描き方!夜景イラストにおすすめのブラシも紹介 - イラストアプリ ibispaint編

今日はibispaintをつかって、星空を描いていくよ!
とても簡単に真似できる描き方なので、見ながら描いてみてね!

この描き方を習得できれば、星空や宇宙などの夜景イラストを描く時にとても役立つよ。

 

夜空の色を塗ろう

まず、キャンバスを黒に近い青色でぬりつぶそう。
黒色でぬりつぶしてしまうと、星がきれいに光らなくなるので、きをつけてね!

 

星を描こう

「スパッタリング」というブラシをつかって星をかいていくよ!
広告を見るとつかえるようになるブラシだよ。

ブラシメニューの「ランダム」というところをお好みで調整してみてね。

 

新しいレイヤーを追加して、白い色で星を描きましょう。
ブラシサイズは大きめに設定しておくのがおすすめだよ。

 

レイヤーのブレンドモードは「加算・発光」にして、不透明度を70%くらいにしよう。

雲を描こう

 

レイヤーをもう1枚追加して、雲をかいていくよ。
レイヤーのブレンドモードは「覆い焼き(カラー)」を選択しよう!

 

「水彩(リアル)」というブラシを使うよ!

 

暗めの青色の上に明るい青色をかさねてかくと、しぜんな色になるよ。
消しゴムでけずったりしながら、暗いところと明るいところのメリハリをいしきしてみよう!

夜空の赤っぽいところやミドリっぽくなっているところも、レイヤーをふやしてエアブラシでぬってみよう!

 

夜景イラストの仕上げをしよう

最後にレイヤーをもう1枚増やして、ブレンドモードを「オーバーレイ」にしてね。
うすい水色でぬりつぶすと、星がより輝(かがや)くよ!

 

お好みの明るさになるように、レイヤーの不透明度を調整して完成だよ!

 

楽しみながらイラストスキルを身につけられるアタムアカデミーを体験してみませんか?

美大出身者や社会で活躍するプロのクリエイターが、子供が夢中になるような楽しいレッスンを行います。
アートの楽しさを感じながら、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

アタムアカデミーのオンラインクラスでは、先生にツールの使いかたもきけます

無料体験レッスンもあるから、ぜひさんかしてくださいね♪

プロイラストレーターとのマンツーマンレッスンが無料!
↓↓体験レッスンの詳細はこちら

 

今ならLINEで質問・トークし放題!
他にも知りたいことは気軽に聞いちゃおう!

 

ブログカテゴリ
★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP