ATAMブログ

2022.07.29

星空の描き方 - イラストアプリ ibispaint編

今日はibispaintをつかって、星空を描いていくよ!

 

空の色をぬろう

まず、キャンバスを黒に近い青色でぬりつぶそう。
黒色でぬりつぶしてしまうと、星がきれいに光らなくなるので、きをつけてね!

 

星をかこう

「スパッタリング」というブラシをつかって星をかいていくよ!
広告(こうこく)を見るとつかえるようになるブラシだよ。

ブラシメニューの「ランダム」というところをお好(この)みでちょうせいしてみてね。

 

レイヤーを1まいふやして、白色で星をかくよ。
ブラシサイズは大きめにしておこう!

 

レイヤーのブレンドモードは「加算・発光」にして、
不透明度を70%くらいにしよう。

雲をかこう

 

レイヤーをふやして雲をかいていくよ。
レイヤーのブレンドモードは「覆い焼き(カラー)」にしよう!

 

「水彩(リアル)」というブラシを使うよ!

 

暗めの青色の上に明るい青色をかさねてかくと、しぜんな色になるよ。
消しゴムでけずったりしながら、暗いところと明るいところのメリハリをいしきしてみよう!

夜空の赤っぽいところやミドリっぽくなっているところも、レイヤーをふやしてエアブラシでぬってみよう!

 

しあげをしよう

さいごにレイヤーをもう1まいふやして、ブレンドモードを「オーバーレイ」にしてね。
うすい水色でぬりつぶすと、星がより輝(かがや)くよ!

お好みの明るさになるように、レイヤーの不透明度をちょうせいしてね!

 

かんせいだよ!

 

かけたらぜひ、先生にも見せてね!

それじゃあ、またね〜☆

 

この記事も読んでみてね
ブレンドモードで影と光の付け方 ibispaint編

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP