ATAMブログ

2022.11.01

【エフェクトの描き方】簡単でかっこいい!炎・水・雷の描き方 - デジタルイラスト講座

こんにちは!アタムアカデミーです。
今回は、ファンタジー表現に欠かせないエフェクトの描き方をいっしょに学んでいきましょう。

もくじ

炎の描き方▼

雷の描き方▼

水の描き方▼

 

炎の描き方

まずは、楕円形を使ってアタリをとっていきます。
図形ツールを使ってもいいですよ。

 

発火部分は大きくして、その上にランダムに楕円を重ねます。
シンプルな炎は丸4つで十分です。

 

レイヤーを足してこの上に描いていきましょう。
まずは発火部分がこんな感じ。

線は綺麗に描くよりゆらゆらとさせたほうがいいです。

あとはアタリに沿って自由に描いていけばOKですが、
慣れない人は真似して描いてみましょう。

 

アタリの外側に沿って一度膨らませて凹ませます。
他の楕円を線が重なっているところまで上にあげ、
また線に沿って流れを描いていきます。
上に向かって細くなるように描いていきましょう。

アタリの形そのままに描くと硬い印象になるので、
ところどころアタリからはみ出してもOKです。

 

炎の先端に途切れた炎を描くとさらに動きが出ます。
アタリをどんなふうに使っているかわかりましたか?

 

流れている炎を描く時は、流れを意識したアタリを描けば今と同じ方法で描けます。

 

雷の描き方

次は雷です。

 

アタリにランダムなジグザグを描きます。
その上に雷を描いていきます。
ポイントは、均一な太さにしないこと。

 

角になる部分は少し太くし、バチバチと電気を尖らせます。

 

枝分かれした電気も描くとよりそれらしいですが、
この時、上から下に向けてしか描かないようにしましょう。
上に向かって電気を描くと電流の流れがわかりにくく、勢いのない絵になってしまいます。

 

最後に炎の時と同じで電気の破片を少し足してあげれば完成です。

 

バチバチとさせた電気を描きたい時は、ジグザグの線と電気が貯まるポイントに円を描いておきます。

 

円を描いたところを放射状にトゲを描くと電気が破裂しているような表現ができます。
角になるところも、もちろん尖らせましょう。

 

水の描き方

最後に水のエフェクトです。

まずは描きたい水の流れを線で描きます。
この時動きの方向も考えましょう。
今回は下から上に飛び上がっているイメージです。

 

水が貯まる位置に大きい楕円。

 

その下にランダムに楕円を描いていきます。

 

動きのはやい所は楕円を細長くし、
動きのゆったりしたところは、楕円を丸に近い形にするのがコツです。

 

炎の時と同じように楕円のアタリを使ってシルエットを描いていきます。
ポイントは、水なので先端を尖らせないこと。

 

色の塗り方も簡単にやりましょう。
最初の色は少し濃い色ですね。
少し明るい色を内側に塗っていきます。
光の方向を意識して、影になる位置にもっと明るい色。

 

光の当たる場所に白でハイライトです。
3番目の明るい色とハイライトは、基本逆の位置につくという意識です。
でも絵のリズム感を意識して、細かいところはなんとなくでいれてもOK。

 

完成です!
みんなもぜひ、かっこいいエフェクトを描いてみてね。
それじゃあ、またね~☆

 

アタムアカデミー関連記事はこちら
【目の描き方】目の構造をマスターして、キャラデザに役立てよう! - デジタルイラスト講座 
【キャラデザ実践編】立ち絵を描いてみよう! - デジタルイラスト講座
【キャラデザ実践編】キャラクターの設定・デザインを考えよう! - デジタルイラスト講座

アタムアカデミーって?

子どもから通えるオンライン型デジタルイラスト教室です

美大出身者や社会で活躍するクリエイターが、
アートにまつわる職業のプチ体験ができるような楽しいレッスンを行います。
STEAM教育の一角をアタムが担い、「アートを通じて社会で生きるチカラを身につける」お手伝いをいたします。

 
↓↓無料体験レッスンへ受付中! ご応募はこちらから


 

ブログカテゴリ

★公式ニュース
★校長先生が伝える授業内容
★アタムくんが伝える描き方ノウハウ
★授業ブログ
★講師インタビュー
★ブログTOP